岡三オンライン証券の手数料と取扱商品

岡三オンライン証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

新規口座開設でキャンペーンに参加!岡三オンライン証券

取引金額別売買手数料一覧表(税抜)

ワンショット
取引金額 ~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円
売買手数料 99円 200円 350円 600円
取引金額 ~150万円 ~300万円 300万円超
売買手数料 1,000円 1,500円 100万円増加ごとに
300円ずつ増加
定額プラン
取引金額 ~100万円 ~200万円
売買手数料 無料 1,340円
取引金額 200万円超
売買手数料 100万円増加ごとに
500円ずつ加算

岡三オンライン証券の魅力は手数料の安さです。

2つの手数料サービス

1約定ごと(1取引ごと)の『ワンショット』と1日定額制の『定額プラン』の2つの手数料サービスがあります。上の一覧表が『ワンショット』、下の一覧表が『定額プラン』になります。

中長期投資の方はワンショットを、デイトレードを含めた短期投資の方は定額プランを選択するのが便利でしょう。

取引金額別信用取引手数料一覧表(税抜)

ワンショット・・通常
取引金額 10万円 20万円 50万円 100万円
手数料 99円 150円 300円 500円
取引金額 150万円 300万円 300万円超
手数料 700円 1,000円 1,200円
定額プラン・・標準
取引金額 ~100万円 ~200万円
売買手数料 無料 1,000円
取引金額 200万円超
売買手数料 100万円増加ごとに
300円ずつ増加

信用取引の場合もかなり安くなっています。

その他、岡三オンライン証券の信用取引手数料には、プラチナ、プレミアゼロといった優遇手数料があります。

取引金額が多い投資家ほど有利です。一度に大量の取引を行う投資家は、岡三オンライン証券を活用すると良いでしょう。

取扱商品及び株式市場

株式
市場
東証1部2部
マザーズ
ジャスダック
札幌 名古屋 福岡
取扱
商品
単元未満株 投資信託 IPO
(新規公開株)
FX
CFD 米国株 中国株 その他市場
くりっく
株365
無期限
信用取引
夜間取引 立会外分売 先物
オプション
特徴

株式市場

東京証券取引所(1部、2部、マザーズ、JASDAQ)・札幌証券取引所(アンビシャス含む)・名古屋証券取引所(セントレックス含む)・福岡証券取引所(Q-Board含む)の全銘柄が取引できます。

取扱商品

現物取引・信用取引・投資信託(ETF・REIT・ベンチャーファンド含む)・先物・オプション等の金融商品を取り扱っています。

情報ツール(岡三ネットトレーダープレミアム)

岡三オンライン証券には、情報ツール「岡三ネットトレーダープレミアム」があります。優れた操作性と豊富な情報量とを兼ね備えた、高機能なトレーディングツールです。利用料は無料です。

注文板上リアルタイム価格別出来高・売買強度表示・リアルタイムランキング情報・売買バックテスト・ニュースプロット&売買サイン等、優れた機能の特長を動画で紹介中です。

岡三ネットトレーダープレミアムサンプル画像

提携銀行(即時入金サービス等)及び振込手数料

銀行名 ジャパン
ネット
三菱UFJ 三井住友 みずほ
振込
手数料
○(無料) ○(無料) ○(無料) ○(無料)
銀行名 りそな 埼玉りそな セブン 楽天
振込
手数料
○(無料) ○(無料) ○(無料) ○(無料)
銀行名 住信SBI スルガ ゆうちょ
振込
手数料
○(無料) ○(無料) ○(無料)
※赤文字は即時入金サービスがあります。
ジャパンネット・・・ジャパンネット銀行「リンク決済」
三菱UFJ・・・・三菱UFJダイレクト
三井住友・・・・三井住友銀行SMBCダイレクト
みずほ・・・・みずほ銀行「みずほダイレクト」
りそな・・・・りそな銀行 ネット振込サービス
埼玉りそな・・・・埼玉りそな銀行「ネット振込サービス」
セブン・・・セブン銀行「ネット決済サービス」
楽天・・・・楽天銀行「かんたん決済プラス」
住信SBI・・・住信SBIネット銀行「即時決済サービス」
スルガ・・・・スルガ銀行「ネット振込決済サービス」
ゆうちょ銀行・・・・ゆうちょダイレクト

岡三オンライン証券は、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、セブン銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、スルガ銀行、ゆうちょ銀行の各銀行と提携しているので、即時入金サービスを利用すると、振込手数料がかかりません。

また、出金は提携銀行を問わず、手数料がかかりません。

岡三オンライン証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

新規口座開設でキャンペーンに参加!岡三オンライン証券

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 手数料プラン選択のコツについて ・100万円以下ならアクティブプランが有利(無料にな…

ページ上部へ戻る