配当金がもらえる株の買い方

会社四季報で配当金がもらえる時期を確認しよう!

マネックス証券で会社四季報を読む

マネックス証券のスクリーニングで配当利回りの高い企業をみつけたら、今度は、その企業に投資するタイミングを考えます。

マネックス証券の口座開設はこちら(無料)

やみくもに株を購入しても、配当金は、すぐにもらえません。そこで、会社四季報を使って、配当金の支払時期(権利が確定する時期)を調べます。

マネックス証券にログイン後、画面右上の空欄「株価照会・銘柄検索」に企業名(コード番号)を入力し、「虫眼鏡ボタン」を押してください。

ここでは、みずほ銀行でおなじみ、みずほフィナンシャルグループ(8411)を調べます。

マネックス証券「マイページ」

みずほの個別銘柄画面に移動しました。画面中央の「四季報」を押してください。

マネックス証券「個別銘柄情報」

「会社四季報」画面が新しく表示されました。ネット証券に口座を開設すると、紙面とほぼ同じ内容の情報が無料で見られます。

今回は配当金の情報を見たいので、「業績/株主構成」をクリックします。

マネックス証券「会社四季報」

四季報を見ると、過去の配当金の支払実績と将来の予想が確認できます。

【配当】 配当金(円)
2018年3月 3.75円
2018年9月 3.75円
2019年3月 3.75円
2019年9月 3.75円
2020年3月
(予定)
3.75円
2020年9月
(予定)
3.75円
2021年3月
(予定)
3.75円

画像の情報を抜き出してみました。みずほフィナンシャルグループは、年2回、配当金を出しています。

毎年3月末、9月末の株主に対して、配当金が支払われます。

3月末、もしくは9月末までに、みずほに投資すると、1株につき3.75円の配当金がもらえます。

みずほは100株単位で売買するので、

配当金=3.75円×100株=375円

となり、100株ごとに375円(税込)がもらえます。

1年間、株主を続けると、100株ごとに750円(税込)がもらえました。

配当金の権利がもらえる日を確認しよう!

先ほど、3月末、9月末と書きましたが、詳しくは月末から2営業日前に購入する必要があります。

ちなみに、2020年のスケジュールは以下の通りです。

2020年 権利付最終日
(もらえる日)
権利落ち日
(もらえない日)
1月 29日(水) 30日(木)
2月 26日(水) 27日(木)
3月 27日(金) 30日(月)
4月 27日(月) 28日(火)
5月 27日(水) 28日(木)
6月 26日(金) 29日(月)
7月 29日(水) 30日(木)
8月 27日(木) 28日(金)
9月 28日(月) 29日(火)
10月 28日(水) 29日(木)
11月 26日(木) 27日(金)
12月 28日(月) 29日(火)

権利付最終日までに購入し、権利落ち日へ持ち越すと、配当金の権利がもらえます。

もちろん、権利付最終日に購入し、権利落ち日に売却すると、最短の投資期間(1泊2日)で配当金をもらうことも可能です。

ただし、権利落ち日には、配当金の分だけ株価が下がります。

世の中、そんなにうまくいかないですね。

配当金は、いつもらえるの?

配当金は、株主の権利が確定してから、2ヶ月後~3ヶ月後に支払われます。

みずほの場合、3月末なら「6月」に、9月末なら「12月」に、それぞれ配当金が届きます。

マネックス証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

初心者向け。おトクな新規口座開設キャンペーン開催中!マネックス証券

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 手数料プラン選択のコツについて ・100万円以下ならアクティブプランが有利(無料にな…

ページ上部へ戻る