会社四季報が無料で読めるネット証券

ネット証券で会社四季報を試し読みしてみよう!

投資家のバイブルとなっている会社四季報。毎年3月・6月・9月・12月中旬に新しい会社四季報が発売されます。SBI証券・楽天証券・マネックス証券・GMOクリック証券・カブドットコム証券・SMBC日興証券などの各ネット証券では、四季報の発売日に無料で読むことができます。

各企業の情報を確認したい方は、ネット証券で四季報を試し読みしてみましょう。

SBI証券の四季報画面の特徴と操作方法

「(1)ログイン」→「(2)銘柄名またはコード番号入力後に株価検索」→「(3)四季報ボタンをクリック」・・・詳しい操作はこちら

「四季報画面」SBI証券

SBI証券の四季報画面は、各企業の情報が3分割されて表示されます。雑誌版の四季報のレイアウトにかなり近いです。「企業概要」「財務状況」「資本異動」のボタンをクリックすると、四季報の情報を順番に読むことができます。

最新の株価やチャートもすぐに見つかります。

楽天証券の四季報画面の特徴と操作方法

「(1)ログイン」→「(2)銘柄名またはコード番号入力後に虫眼鏡ボタンをクリック」→「(3)四季報ボタンをクリック」・・・詳しい操作はこちら

「四季報画面」楽天証券

楽天証券の四季報画面も、SBI証券と同じく3分割されて表示されます。

「企業情報」「業績・財務」「資本異動」をクリックすると、四季報の情報を順番に読めます。SBI証券との違いは、文字の大きいことと表が色づけされていることです。ブルーでメリハリが利いていて、とても見やすいです。

マネックス証券の四季報画面の特徴と操作方法

「(1)ログイン」→「(2)銘柄名またはコード番号入力後に虫眼鏡ボタンをクリック」→「(3)会社四季報をクリック」・・・詳しい操作はこちら

「四季報画面」マネックス証券

マネックス証券の四季報画面は、新しい画面がポップアップ表示されます。2つ以上のパソコンモニターを持つ投資家であれば、すごく見やすいと思います。四季報情報の3分割表示はSBI証券や楽天証券と同じ。「基礎/財務情報」「業績/株主構成」「資本異動/役員等」をクリックすると、四季報の情報を順番に読めます。

GMOクリック証券の四季報画面の特徴と操作方法

「(1)ログイン」→「(2)株式をクリック」→「(3)銘柄名またはコード番号入力後に検索ボタンクリック」→「(4)四季報ボタンをクリック」・・・詳しい操作はこちら

GMOクリック証券「四季報画面」

GMOクリック証券の四季報画面は、2分割表示です。「概要」と「業績」のボタンをクリックすると、四季報の情報が読めます。また、GMOクリック証券の良いところは、「四季報の見方」という解説ページが用意されていることです。四季報の読み方がわからない投資家は、このページを見ると良いでしょう。

カブドットコム証券の四季報画面の特徴と操作方法

「(1)ログイン」→「(2)銘柄名またはコード番号入力後にボタンクリック」→「(3)四季報情報をクリック」・・・詳しい操作はこちら

「四季報情報」カブドットコム証券

カブドットコム証券の四季報画面は、1ページにコンパクトにまとめられています。四季報の記事メインのつくりです。業績の情報に関しては、四季報以外の調査会社のデータも合わせて載っています。1年ごとの推移だけでなく、四半期決算の様子も載っているので数字データはかなり充実しています。

SMBC日興証券の四季報画面の特徴と操作方法

「(1)ログイン」→「(2)銘柄名またはコード番号入力後に検索ボタンをクリック」→「(3)四季報ボタンをクリック」・・・詳しい操作はこちら

日興イージートレード「四季報情報」

SMBC日興証券の四季報画面は、各企業の情報が3分割されて表示されます。SBI証券や楽天証券などと同じです。ただし、SMBC日興証券は、会社四季報以外に、会社四季報最新銘柄レポートがあります。週1回、各企業の情報が更新されるため、四季報の続きが見たい投資家は、すごく便利だと思います。

どんなときに会社四季報を使うの?

管理人はいつも、ランキング銘柄をチェックするときに使います。株価が大きく動いている銘柄には何か理由があります。四季報で各企業の情報を確認し、取引の参考にしています。

(A)上昇率(下落率)ランキングの銘柄を見つける→(B)その銘柄の最新ニュースをチェック→(C)四季報で業績を確認

管理人は、ヒマさえあれば、この3つの作業を行っています。

システムメンテナンスに気をつけよう!

ネット証券で会社四季報を読むときは、ひとつだけ弱点あります。それは「定期的なシステムメンテナンス」です。

土日祝日になると、システムメンテナンスでサイトに入れなくなるため、四季報も読めません。時間に余裕のある土日ほどメンテナンスになる可能性があるので、ちょっとつらいです(※毎週かならず行うわけではありません)。

そこで、ネット証券の口座を2つ以上持つことをオススメします。管理人のように、四季報のためにたくさんの口座を持つ人は珍しいと思いますが、口座数は多いほど便利です。

株主優待&配当金狙い・値上がり益重視・IPO・単元未満株など、投資法ごとにネット証券を使い分けることもできますよ。

ネット証券キャンペーン情報

新規口座開設でもらえる特典・プレゼント・キャンペーン・・まだ間に合うキャンペーン情報。新規口座開設で現金・ポイントをプレゼント。

SBI証券・・・新規口座開設と取引で現金をプレゼント。オンライントレード口座開設数No.1、トレーディングツール「HYPER SBI」

ライブスター証券・・株式(現物・信用)、日経225先物・mini、オプション取引の手数料無料[0円]キャンペーン開催中!

マネックス証券・・・新規口座開設キャンペーン。手数料キャッシュバック!

楽天証券・・・手数料は業界最低水準。キャンペーン開催中。楽天ポイントをプレゼント。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

HYPER SBIの使い方 項目一覧

HYPER SBIとは? HYPER SBIとは、SBI証券が提供する高機能トレーディングツールです。投資に必要な情報収集や注文の発注…

ページ上部へ戻る