SMBC日興証券の口座開設と資料請求について

SMBC日興証券で株式投資をはじめよう!

SMBC日興証券の口座開設と資料請求について

SMBC日興証券の口座開設はこちら(無料)

SMBC日興証券ダイレクトコースの3つの魅力とは?

今、海外の景気拡大によって、各国の株式市場の株価がグングン値上がりしています。

日本の株式市場も海外の恩恵を受けて、大幅に上昇しました。日経平均株価は21年ぶりの高水準です。株価上昇のウワサを聞きつけた新しい個人投資家も増えてきました。

SMBC日興証券ダイレクトコースは、そんな初心者にやさしい、パソコンやスマホを使って取引するインターネット専門のコースです。自分のペースで取引できることから、個人投資家に特に人気があります。

手数料が安い!

SMBC日興証券ダイレクトコースの手数料は、1回取引するごとに支払う「取引ごと手数料」の仕組みです。取引金額10万円以下では、税込135円の安さです。

電話での注文に比べて、コストを抑えた取引ができるのがネットの魅力です。

充実した投資情報や、無料で使える高機能取引ツール!

SMBC日興証券のオンライントレードは画面が見やすくてわかりやすいです。人気のアナリストレポートやテクニカル分析のチャート、銘柄分析ツールなど、投資に役立つ情報がたくさんあります。

スマホアプリや高機能取引ツールも完備しているので、ネットの環境があれば、どこからでも注文可能です。

SMBC日興証券の高機能リアルタイムトレーディングツールといえば、「パワートレーダー」が有名です。初回申込から最大2ヶ月間、利用料が無料になります。

豊富なIPO(新規公開株)の取り扱い

SMBC日興証券は、IPO(新規公開株式)の取り扱い数も業界トップの水準です。オンライントレードのIPOは全て抽選となります。申込や確認はネット上で行うことができ、抽選結果もメールで教えてくれます。

2016年はJR九州(九州旅客鉄道)やLINE(ライン)など、有名企業がたくさん上場しました。SMBC日興証券は、これらの企業の取り扱いも行っています。

株式投資を始めるときの資金は、どのくらいかかるの?

投資に必要な資金は、(1)企業に投資する資金と(2)証券会社に支払う手数料の2種類があります。例えば、時計でおなじみの「シチズン時計」に投資したときのサンプルをみてみましょう。

(1)企業に投資する資金

・シチズン時計の株価・・・800円

・株数・・・100株単位

・合計・・・80,000円(800円×100株)

シチズン時計の株価が800円だとすると、投資に必要な資金は、合計80,000円です。ほとんどの企業は100株もしくは1,000株単位で投資します。

シチズン時計は100株なので、投資資金は80,000円です。投資資金を増やして、200株・300株・・・とたくさん買うこともできます。

(2)証券会社に支払う手数料

・ダイレクトコース(10万円以下)・・・135円(税込)

・ダイレクトコース(20万円以下)・・・194円(税込)

・シチズン時計を100株購入した場合・・・税込135円

次に、証券会社に支払う手数料です。シチズン時計の場合は80,000円でしたので、取引金額が10万円以下に該当します。

ダイレクトコース(10万円以下)を選択すると、SMBC日興証券に支払う手数料は税込135円です。

始めて株を買ったときの費用はいくらになるの?

・シチズン時計の投資資金・・・80,000円

・SMBC日興証券の手数料・・・135円

・合計・・・80,135円

SMBC日興証券で、シチズン時計に100株投資したときの費用は、合わせて80,135円になります。ほとんどの投資家は口座開設時に5万円から10万円の投資資金を入金しているようです。

取引でわからないことがあったら、どうすればいいでしょうか?

「インターネットだけの取引では不安だ」と思う方がいるかもしれません。また、「取引中にわからないことがあったらどうしよう」と思う方がいるかもしれません。

そんなときは、コールセンターや各支店で聞くことができます。SMBC日興証券は、他のネット証券にない強みを持っています。各地域ごとに支店があるので、わからないことがあれば、すぐに訪問することができます。

また、日興コンタクトセンターへ電話で尋ねると、各種問い合わせに迅速に対応してくれます。

株式投資はいつでも始められますし、まずは気軽に取引の準備をしてみてはいかがでしょうか。

SMBC日興証券の口座開設はこちら(無料)

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

HYPER SBIの使い方 項目一覧

HYPER SBIとは? HYPER SBIとは、SBI証券が提供する高機能トレーディングツールです。投資に必要な情報収集や注文の発注…

ページ上部へ戻る