会社四季報が無料で読める、おすすめのネット証券

ネット証券で会社四季報を試し読みしてみよう!

投資家のバイブルとなっている会社四季報。毎年3月・6月・9月・12月中旬に新しい会社四季報が発売されます。SBI証券やマネックス証券、SMBC日興証券などの各ネット証券では、四季報の発売日に無料で読むことができます。

各企業の情報を確認したい方は、ネット証券で四季報を試し読みしてみましょう。

SBI証券の四季報画面の特徴と操作方法

「ログイン」→「銘柄名またはコード番号入力後に株価検索」→「四季報」・・・詳しい操作はこちら

SBI証券「四季報」

SBI証券の四季報画面は、各企業の情報が3分割されて表示されます。雑誌版の四季報のレイアウトにかなり近いです。「企業概要」「財務状況」「資本異動」のボタンをクリックすると、四季報の情報を順番に読むことができます。

最新の株価やチャートもすぐに見つかります。

SBI証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

マネックス証券の四季報画面の特徴と操作方法

「ログイン」→「銘柄名またはコード番号入力後に虫眼鏡ボタン」→「四季報」・・・詳しい操作はこちら

マネックス証券「会社四季報」

マネックス証券の四季報画面は、新しい画面がポップアップ表示されます。2つ以上のモニターがある投資家は、すごく見やすいと思います。四季報情報の3分割表示はSBI証券や楽天証券と同じです。「基礎/財務情報」「業績/株主構成」「資本異動/役員等」をクリックすると、四季報の情報を順番に読めます。

マネックス証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

SMBC日興証券の四季報画面の特徴と操作方法

「ログイン」→「銘柄名またはコード番号入力後に検索ボタン」→「四季報」・・・詳しい操作はこちら

日興イージートレード「四季報情報画面」

SMBC日興証券の四季報画面は、各企業の情報が3分割されて表示されます。SBI証券や楽天証券などと同じです。ただし、SMBC日興証券は、会社四季報以外に、会社四季報最新銘柄レポートがあります。週1回、各企業の情報が更新されるため、四季報の続きが見たい投資家は、SMBC日興証券で確認すると良いでしょう。

SMBC日興証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

どんなときに会社四季報を使うの?

管理人はいつも、ランキング銘柄をチェックするときに使います。株価が大きく動いている銘柄には何か理由があります。四季報で各企業の情報を確認し、取引の参考にしています。

(A)上昇率(下落率)ランキングの銘柄を見つける→(B)その銘柄の最新ニュースをチェック→(C)四季報で業績を確認

管理人は、ヒマさえあれば、この3つの作業を行っています。

システムメンテナンスに気をつけよう!

ネット証券で会社四季報を読むときは、ひとつだけ弱点があります。それは「定期的なシステムメンテナンス」です。

土日祝日になると、システムメンテナンスでサイトに入れなくなるため、四季報も読めません。時間に余裕のある土日ほど、メンテナンスになる可能性があります(※毎週、実施されるわけではありません)。

そこで、ネット証券の口座を2つ以上持つことをオススメします。管理人のように、四季報のためにたくさんの口座を持つ人は珍しいと思いますが、口座数は多いほど便利です。

株主優待&配当金狙い・値上がり益重視・IPO投資など、投資法ごとにネット証券を使い分けることができますよ。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

日興iDeCo for docomoポイント進呈プログラム!毎月!掛金に応じてdポイントがもらえる!

個人型確定拠出年金(イデコ)の資料請求(申込書請求)でもらえる!おすすめの特典・プレゼント・キャンペーン

ネット証券で個人型確定拠出年金の資料請求を行うともらえる特典・プレゼント・キャンペーン 老後資産2,000万円問題で注目された個人型確定拠…

ページ上部へ戻る