楽天証券の個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)の資料請求と申し込みについて

楽天証券で個人型確定拠出年金(愛称:iDeCo イデコ)をはじめよう!

楽天証券の口座を持っている方や楽天会員の方は、すでに入力済みの項目が多くて、手続きがスムーズです。それ以外の方もカンタンに始められます。

資料を見たい場合は、下のリンクから「ガイドブックを見る」を選択して資料を確認してください。

楽天証券のイデコの資料請求・申し込みはこちら(無料)

個人型確定拠出年金(イデコ)の3つの節税メリットとは?

個人型確定拠出年金は、通常の年金で足りない老後の生活費を、若いうちに自分で積み立てる制度です。イデコを活用すると税制上の3つのメリットがあるので、申し込む人が増えています。

また、長生きして老後の生活資金が足りなくなる可能性があるため、政府も早期に老後資産を準備するようサポートしています。

イデコの節税メリットは、主に次の3つです。

積立を行うと、所得税や住民税が節税できる!

楽天証券のイデコ(iDeCo)

積み立てた掛金全額が所得控除の対象となるため、所得税や住民税が少なくなります。楽天証券のサンプルでは、年収650万円の会社員の方が月2万3000円を積み立てると、1年で約82,800円の税金が安くなると紹介されています。

運用収益がすべて非課税になって節税できる!

楽天証券のイデコ(iDeCo)

イデコでは、積み立てた掛金をさまざまな金融商品に投資して運用します。運用で利益が出たときは、その利益に対する税金がかかりません。NISAと同様の仕組みです。

運用益が課税されずに残ると、複利効果によって、さらなる資産の増加が見込めます。

受け取るときにも節税できる!

楽天証券のイデコ(iDeCo)

積み立てた掛金は、退職金のようにまとめて受け取る場合と、公的年金のように少しずつ受け取る場合の2種類があります。そのどちらも退職所得控除、公的年金等控除が適用されるので、非課税の対象額が大きくなります。

例えば、掛け金を30年間積み立てて、退職金のようにまとめて受け取る場合は、1,500万円まで非課税になります。

>>楽天証券のイデコの資料請求・申し込みはこちら(無料)<<

楽天証券のイデコの費用はどのくらいかかるの?

イデコの費用は、大きく分けて(1)加入時の手数料と(2)口座管理手数料の2種類があります。

(1)加入時の手数料

・国民年金基金連合会・・・2,829円(税込)
・金融機関の手数料・・・楽天証券なら無料になる
・合計・・・2,829円

口座開設時に、国民年金基金連合会と証券会社に口座開設の手数料を支払います。ただし、楽天証券は手数料が無料になります。

その結果、加入時に必要な手数料は2,829円となります。

(2)運用期間中の手数料(毎月、掛金積立を行う場合)

楽天証券のイデコ(iDeCo)

・国民年金基金連合会・・・月105円(税込)
・金融機関の手数料(運営管理手数料)・・・楽天証券なら無料になる
・事務委託先金融機関(資産管理サービス信託銀行)・・・月66円
・合計・・・月171円

次に、口座管理手数料です。こちらは毎月かかる手数料で、3ヶ所に支払います。このうち、楽天証券は手数料が無料になります。

その結果、口座管理手数料は月171円となります。

新規加入した場合の年間費用はいくらになるの?

・1年目・・・加入手数料2,829円+口座管理手数料2,052円(171円×12ヶ月)=4,881円
・2年目以降・・・口座管理手数料2,052円(171円×12ヶ月)

楽天証券でイデコを始めた方は、1年目が4,881円、2年目以降は毎年2,052円の手数料となります。

イデコでどんな投資信託を買えば良いかわかりません。

楽天証券のイデコ(iDeCo)

多くの方が不安に思っている部分はココだと思います。しかし、心配ありません。

楽天証券のイデコで買えるファンドは、シンプルなインデックスファンドや、良好な運用実績を誇るアクティブファンドなど、長期にわたって資産形成に役立つ投資信託が揃っています。コストに敏感な投資家も納得できる投資信託を選ぶことができます。

イデコは少額からでも始められますし、まずは気軽に口座を用意してみてはいかがでしょうか。

楽天証券のイデコの資料請求・申し込みはこちら(無料)

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

日興iDeCo for docomoポイント進呈プログラム!毎月!掛金に応じてdポイントがもらえる!

個人型確定拠出年金(イデコ)の資料請求(申込書請求)でもらえる!おすすめの特典・プレゼント・キャンペーン

ネット証券で個人型確定拠出年金の資料請求を行うともらえる特典・プレゼント・キャンペーン 老後資産2,000万円問題で注目された個人型確定拠…

ページ上部へ戻る