マネックス証券の手数料と取扱商品

新規口座開設でもらえる特典・プレゼント・キャンペーン

マネックス証券の新規口座開設で手数料キャッシュバック

キャンペーンコードを入力して新規口座開設すると、申込日の翌月末までの現物取引買付手数料(日本株)と投資信託の購入手数料全額キャッシュバック(上限なし)されます。

同時期に信用取引のキャンペーンも行っているため、「現物取引・信用取引」両方の手数料がキャッシュバックされます。

マネックス証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

おトクな新規口座開設キャンペーン開催中!マネックス証券

取引金額別売買手数料一覧表(税抜)

取引ごと手数料(パソコン)
取引金額 ~10万 ~20万 ~30万 ~40万 ~50万
売買手数料 100円 180円 250円 350円 450円
取引金額 ~100万 100万超
売買手数料
(成行)
1,000円 約定金額の0.1%
売買手数料
(指値)
1,500円 約定金額の0.15%
取引ごと手数料(スマートフォン用アプリ、携帯電話)
取引金額 ~10万 ~20万 ~30万 ~40万 ~50万
売買手数料 100円 180円 250円 350円 450円
取引金額 ~100万 100万超
売買手数料 約定金額の0.1%
一日定額手数料
取引金額 ~300万円 ~600万円 ~900万円 900万超
売買手数料 2,500円 5,000円 7,500円 300万円ごとに
2,500円加算

マネックス証券の魅力は手数料の安さです。

取引ごと手数料では、スマートフォン用アプリ「マネックストレーダー株式スマートフォン」と携帯電話(ガラケー)経由で取引した場合、成行注文・指値注文にかかわらず、約定代金の0.1%(税抜:50万円超)となります。

2つの手数料サービス

「取引ごと手数料」と「一日定額手数料」の2つの手数料サービスがあります。

取引回数の多いデイトレーダーの方は定額手数料コースを選択するのが便利でしょう。

新規口座開設でもらえるキャッシュバックキャンペーン

monexs

マネックス証券では、信用取引口座を新規開設すると、31日間の信用取引での売買手数料が最大10万円までキャッシュバックされます。

取引金額別信用取引手数料一覧表(税抜)

取引ごと手数料
取引金額 ~10万 ~20万 ~50万 ~100万
売買手数料 95円 140円 190円 355円
取引金額 ~150万 ~200万 200万超
売買手数料 600円 800円 1,000円
一日定額手数料

信用取引の一日定額手数料は、現物取引と同じです。

ワン株

ワン株

マネックス証券では、1株から購入可能な単元未満株取引(ワン株)を扱っています。 取引手数料は約定代金の0.54%(税込)となっています。

最低手数料は52円(税込)です。

取扱商品及び株式市場

株式
市場
東証1部2部
マザーズ
ジャスダック
札幌 名古屋 福岡
取扱
商品
単元未満株 投資信託 IPO
(新規公開株)
FX
ワン株
CFD 米国株 中国株 その他市場
くりっく
株365
無期限
信用取引
夜間取引 立会外分売 先物
オプション
特徴 単元未満株を「ワン株」と呼ぶ。

株式市場

東京証券取引所(1部2部・マザーズ・ジャスダック)・札幌証券取引所(アンビシャス含む)・名古屋証券取引所(セントレックス含む)・福岡(Q-Board含む)の銘柄が取引できます。

取扱商品

現物取引・信用取引・投資信託(ETF・REIT含む)・先物・オプション・商品先物・IPO(新規公開株)・マネックスFX(外国為替証拠金取引)・CFD(くりっく株365)・貸株サービス・中国株・米国株・単元未満株等の金融商品を取り扱っています。

情報ツール

マネックス証券には、情報ツール「マネックストレーダー(無料)」などがあります。

マネックストレーダー

マネックストレーダーは、完全リアルタイムの株価自動更新機能がついてますので、デイトレーダーにとって大変便利なサービスです。

マネックストレーダーのサンプル画面

ssmt001

提携銀行(即時入金サービス等)及び振込手数料

銀行名 楽天 ジャパン
ネット
ソニー ゆうちょ
振込
手数料
○(無料) ○(無料) ○(無料) ○(無料)
銀行名 三菱東京
UFJ
三井住友 みずほ 住信SBI
振込
手数料
○(無料) ○(無料) ○(無料) ○(無料)
銀行名 りそな 埼玉
りそな
振込
手数料
○(無料) ○(無料)
※赤文字は即時入金サービスがあります。
楽天
・・・・楽天銀行かんたん入金
ジャパンネット・・・・ジャパンネット銀行
ソニー・・・・ソニー銀行
ゆうちょ・・・・ゆうちょ銀行「ゆうちょ即時振替」
三菱東京UFJ・・・・三菱東京UFJ銀行「三菱東京UFJネット口座振替」
三井住友・・・・三井住友銀行「インターネット口座振替」
みずほ・・・・みずほ銀行「アドバンストデビット」
住信SBI・・・・住信SBIネット銀行「即時決済サービス」
りそな・・・りそな銀行ネット振込サービス
埼玉りそな・・・埼玉りそな銀行ネット振込サービス

マネックス証券は、楽天銀行、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、住信SBIネット銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行の各銀行と提携しているので、即時入金サービスを利用すると、振込手数料がかかりません。

また、出金は提携銀行を問わず、手数料がかかりません。

マネックス証券を効率的に使うには、楽天銀行ジャパンネット銀行などの各銀行で口座を持つことをおすすめします。

マネックス証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

初心者向け。おトクな新規口座開設キャンペーン開催中!マネックス証券

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 株式投資を始めたばかりの投資家は、取引回数が少ないです。しかし、経験を積むごとに回数が徐々に増…

ページ上部へ戻る