「業績の上方修正」で儲けよう(夜間取引編)

「業績の上方修正」発表で儲ける方法とは?

業績の上方修正発表の2つのパターン

前回、「業績の上方修正ってなあに?」のところで上方修正の意味上方修正銘柄を探す方法を紹介しました。この情報を使って、実際に儲ける方法紹介します。第1回は、夜間取引を利用した投資法です。

各企業が、業績の上方修正や決算等のIR情報を発表するときは、大きく分けて、「取引時間中」「取引時間後(昼休み含む)」の2つがあります。

発表後の株価変動が極端になると、各企業は、株価への影響を考えて「取引時間後」に発表することが多くなりました。しかし、取引時間中に発表する企業もまだまだ存在します。

「業績の上方修正」の発表で儲けるためには、この2つを分けて考え、それぞれに合った投資法を活用することが必要です。

 

「業績の上方修正」が取引終了後に行われた場合

株式市場における取引終了後とは、「午後3時以降(一部例外アリ)」のことです。この時間に発表すると、発表された情報によって、株価が大きく変化することもなく、翌日の朝9時まで情報が徐々に広がっていきます。

しかし、証券会社が「夜間取引(PTS)」サービスを始めるようになってから、その状況が一変します。取引終了後に発表されたIR情報が、その日の夜間取引の株価を左右するきっかけとなりました。

IR情報が発表されてから夜間取引が開始される約3時間が勝負です。できるだけ早く情報を手に入れた投資家ほど、儲かる可能性が高くなります。短期投資家にとって、儲けるチャンスが大きく広がりました。

IR情報の中でも、とりわけ株価への影響度が高い「業績の上方修正発表」は、その日の夜間取引を左右します。

 

夜間取引を活用した場合の投資法

終値と夜間取引の気配値チェック

まず、業績の上方修正の情報を入手したら、その日の終値と夜間取引での気配値をチェックして、

  • A:「夜間取引で購入⇒翌日の株式市場で売却し利益を確定」
  • B:「夜間取引で購入⇒夜間取引で売却し利益を確定」

のどちらの方法を選択するか冷静に判断します。夜間取引は投資家の注目度が高いわりに注文数が少ないので、両方を使い分けることが必要になります。

A:夜間取引で購入⇒翌日の株式市場で売却し利益を確定

翌日の株式市場で売却することを決定したら、今度はできるだけ安く買うことを心がけます。「業績の上方修正」の影響で株価が上がりやすいといっても、夜間取引で高く買ってしまえばそれだけ儲けが少なくなります。売り注文の数量を眺めながら、最適のタイミングをみつけてください。

B:夜間取引で購入⇒夜間取引で売却し利益を確定

夜間取引の開催時間は、NY市場の取引時間とちょうど重なります。運よく安く購入したものの、NY市場の雲行きが怪しくなってくると翌日の日本市場も影響するかもしれません。そのような場合は、↑の方法に見切りを付けてさっさと利益確定を行いましょう。

 

「業績の上方修正」が取引時間中に行われた場合

「業績の上方修正」が取引時間中に発表された場合には、その発表された内容によって、株価がすぐに動き始めます。特に決算速報を行っているロイター等の見出し及び速報値によって、投資家の取引状況も変化します。

13/05/15  13:00

X社<1111>、14年3月期連結決算予想=当期純利益2.5倍増、上方修正

例えば、このような感じで発表されると、(短期)投資家がまず見るのは「当期純利益2.5倍増」「上方修正」の文字です。投資家が「株価が上がる」と判断すれば飛びついて買ってきますので、その結果値段が跳ね上がります。

残念ながら、業績の上方修正発表の中身を確認する時間・余裕はありません。キーワードだけで買うか辞退するかを瞬時に判断している気がします。

このケースでは、午後1時の発表ですので、うまくいけば5分もあれば一気に株価が上昇し、値幅制限一杯のストップ高になる可能性を秘めています。

 

夜間取引を活用した場合の投資法

業績の上方修正の内容とその日の終値をチェック

上記「発表後に飛びついて買う」では少々ハードルが高いと思う方、失敗するかもしれないと感じる方には、夜間取引を活用した方法がおすすめです。

  • C:「株式市場の取引時間中に購入⇒夜間取引で売却し利益を確定」

Cを選択し、ゆっくり時間をかけ、より精度の高い取引を行います。

C:「株式市場の取引時間中に購入⇒夜間取引で売却し利益を確定」

上記「午後1時」などの取引時間中の発表の場合、取引に慣れていない初心者の方では、デイトレーダーにたちうちできないかもしれません。そこで、発表後から株式市場の取引終了までに購入し、夜間取引で売却する方法をおすすめします。

まず、発表から株式市場の取引終了までの時間を使って、「業績の上方修正」の発表の中身を確認します。飛びついて買うのではありませんから、ゆっくり確認する時間ができます。

次に、発表の中身を見て「この情報は株価が上がるきっかけになるかもしれない」と判断すれば、午後3時までにその企業の株を購入します。数字的な根拠をきちんとチェックしていますから、投資家のかけひきによる株価の上下に惑わされることもありません。

最後は、夜間取引での利益確定です。株式市場の取引時間中にそこそこ上昇し、上方修正の数字的な根拠が確かであれば、夜間取引での株価もその結果を反映したものになっているでしょう。納得できる値段で売却し、利益を確定します。

ネット証券キャンペーン情報

個人型確定拠出年金(イデコ)で節税&積み立て。SBI証券楽天証券マネックス証券が人気です。

新規口座開設でもらえる特典・プレゼント・キャンペーン・・まだ間に合うキャンペーン情報。新規口座開設で現金やポイントなどをプレゼント。

SBI証券・・・お得なキャンペーン開催中。オンライントレード口座開設数No.1、トレーディングツール「HYPER SBI」

ライブスター証券・・株式(現物)、日経225先物・mini、オプション取引の手数料無料[0円]キャンペーン開催中!

マネックス証券・・・新規口座開設キャンペーン。手数料キャッシュバック!

楽天証券・・・取引ツール「マーケットスピード」が人気。キャンペーン開催中。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 手数料プラン選択のコツについて ・50万円以下ならアクティブプランが有利(無料になる…

ページ上部へ戻る