楽天証券【最大30%キャッシュバック!】楽天証券×買いまわりキャンペーン!

楽天証券で対象商品を取引すると、手数料が最大30%キャッシュバックされる!

楽天証券【最大30%キャッシュバック!】楽天証券×買いまわりキャンペーン!

キャンペーン期間中にエントリーし、対象商品を取引すると、手数料が最大30%キャッシュバックされます。

楽天証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

キャッシュバックキャンペーン概要

キャンペーン期間

エントリー期間

・2022年4月28日(木)16時から5月31日(火)まで

取引対象期間(国内株式:現物・信用取引)

・2022年5月2日(月)から5月31日(火)までの約定分

取引対象期間(米国株式)

・2022年5月2日(月)から5月31日(火)までの国内約定分

取引対象期間(中国株式)

・2022年5月2日(月)から5月31日(火)までの国内約定分

取引対象期間(アセアン株式)

・2022年5月2日(月)から5月31日(火)までの国内約定分

取引対象期間(金・プラチナ・銀)

・2022年5月2日(月)から5月31日(火)までの国内約定分

取引対象期間(先物・オプション)

・2022年5月2日(月)から5月31日(火)までの約定分

取引対象期間(商品先物取引)

・2022年5月2日(月)から5月31日(火)までの約定分

取引対象期間(海外先物取引)

・2022年5月2日(月)から5月31日(火)までの国内約定分

キャンペーン内容

対象商品のうち、取引商品数が増えれば増えるほど、買い手数料が5%ずつアップし、6商品以上の取引で30%(上限)キャッシュバックされる。

・1商品取引:5%キャッシュバック
・2商品取引:10%キャッシュバック
・3商品取引:15%キャッシュバック
・4商品取引:20%キャッシュバック
・5商品取引:25%キャッシュバック
・6商品以上取引:30%キャッシュバック

キャンペーン対象者

・キャンペーンにエントリーし、対象取引を行った投資家

※取引とエントリーの順番は問わない。

買い回り商品のカウント方法

・国内株式(現物取引)・・・取引対象期間中に1回以上、買い取引がを行うとカウントされる
・国内株式(信用取引)・・・取引対象期間中に1回以上、新規建て取引を行うとカウントされる
・米国株式・・・取引対象期間中に1回以上、買い取引を行うとカウントされる
・中国株式・・・取引対象期間中に1回以上、買い取引を行うとカウントされる
・アセアン株式・・・取引対象期間中に1回以上、買い取引を行うとカウントされる
・金・プラチナ・銀・・・取引対象期間中に1回以上、買い取引を行うとカウントされる
・先物・オプション・・・取引対象期間中に1回以上、新規建て取引を行うとカウントされる
・商品先物・・・取引対象期間中に1回以上、新規建て取引を行うとカウントされる
・海外先物・・・取引対象期間中に1回以上、新規建て取引を行うとカウントされる

キャッシュバック対象取引

・国内株式(現物取引)・・・取引対象期間中の買い取引の手数料(税抜)
・国内株式(信用取引)・・・取引対象期間中の新規建て取引の手数料(税抜)
・米国株式・・・取引対象期間中の買い取引の手数料(税抜)
・中国株式・・・取引対象期間中の買い取引の手数料(税抜)
・アセアン株式・・・取引対象期間中の買い取引の手数料(税抜)
・金・プラチナ・銀・・・取引対象期間中の買い取引の手数料(税抜)
・先物・オプション・・・取引対象期間中の新規建て取引の手数料(税抜)
・商品先物・・・取引対象期間中の新規建て取引の手数料(税抜)
・海外先物・・・取引対象期間中の新規建て取引の手数料(税抜)

キャッシュバック時期

・2022年6月下旬予定

キャッシュバックキャンペーンの申し込みについて

今回のキャンペーンは、キャンペーンにエントリーし、対象取引を行うと参加できます。エントリーと取引はどちらが先でも大丈夫です。

楽天証券にログイン後、キャンペーン一覧へ移動し、対象キャンペーンを選択してエントリーを完了してください。

楽天証券【最大30%キャッシュバック!】楽天証券×買いまわりキャンペーン!

まとめ

キャッシュバックキャンペーンは、

・エントリーが必要であること
・買い注文または新規建ての手数料がキャッシュバックされること
・6商品を取引すると、最大30%キャッシュバックされること

この3つがポイントです。

たくさんの金融商品を積極的に取引する方は、このキャンペーンに参加してみてはいかがでしょうか。

楽天証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 手数料プラン選択のコツについて ・100万円以下ならアクティブプランが有利(無料にな…

ページ上部へ戻る