SMBC日興証券:冬の口座開設キャンペーン!

SMBC日興証券で株式投資を始めると、現金がもらえる!

SMBC日興証券:冬の口座開設キャンペーン!

SMBC日興証券の新規口座開設はこちら(無料)

キャンペーン期間中にダイレクトコースで新規口座開設し、ミッションをクリアすると、現金最大600円がもらえます。

冬の口座開設キャンペーン特典1「ミッション完了でもれなく現金600円プレゼント!」

キャンペーン期間

・2019年12月2日(月)から2020年2月28日(金)まで

キャンペーン内容

SMBC日興証券:冬の口座開設キャンペーン!

キャンペーン期間中にダイレクトコースで新規口座開設し、以下のミッションをクリアすると、それぞれ現金200円、最大600円がもらえる。

※ネット経由のダイレクトコースの投資家が対象となる。

ミッション詳細

(1)各Eメールサービスを1つ以上申し込み・・・現金200円
(2)SMBC日興証券アプリでログイン・・・現金200円
(3)資産運用サポートサービスのいずれかを利用・・・現金200円
・AI株価見守りサービスにログインし、メールアドレスを登録
・AI株式ポートフォリオにログインし、新規提案もしくはリバランスの利用
・fund eye Plusにログインし、メール配信もしくはLINEの通知設定を登録

プレゼント時期

・2020年4月上旬入金予定

冬の口座開設キャンペーン特典2「現物株式の買付手数料もれなく最大10万円キャッシュバック!」

キャンペーン期間

・2019年12月2日(月)から2020年2月28日(金)まで

キャンペーン内容

SMBC日興証券:冬の口座開設キャンペーン!

キャンペーン期間中にダイレクトコースで新規口座開設すると、国内現物株式の買付手数料が最大10万円までキャッシュバックされる。

※ネット経由のダイレクトコースの投資家が対象となる。

キャッシュバック対象取引

・国内現物株式(ETF(上場投資信託)、ETN(上場投資証券)、REIT(不動産投資信託)、インフラファンド、東証上場外国株を含む)

対象外の対象取引

・金額・株数指定取引(キンカブ)、株式ミニ投資、るいとう(株式累積投資)、IPO(新規公開株式等)、PO(公募・売出し)、単元未満株(端株を含む)

キャッシュバック時期

・2020年4月上旬入金予定

ダイレクトコースとは何ですか?

SMBC日興証券の手数料コースには、お店などでアドバイスをもらいながら投資する「総合コース」と、インターネットを中心に取引する「ダイレクトコース」の2種類があります。

今回のキャンペーンは、ネット中心のダイレクトコースの口座開設が対象になります。

NISA口座での取引について

このキャンペーンは、NISA口座での取引もキャッシュバックの対象になります。しかし、ジュニアNISA口座は対象外です。

キャッシュバックの対象となる取引を確認しよう!

キャンペーン対象商品

・国内現物株式(ETF(上場投資信託)、ETN(上場投資証券)、REIT(不動産投資信託)、インフラファンド、東証上場外国株を含む)

キャンペーン対象外商品

・金額・株数指定取引(キンカブ)、株式ミニ投資、るいとう(株式累積投資)、IPO(新規公開株式等)、PO(公募・売出し)、単元未満株(端株を含む)

キャンペーンの対象となる取引はご覧の通りです。

対象商品の買付手数料(買い注文の手数料)がキャッシュバックされます。売却手数料は対象外です。また、信用取引も対象外です。

キャンペーン対象外の取引を確認しよう

ミニ株やIPO(新規公開株)、単元未満株は対象外になります。

キャッシュバックの金額を確認しよう!

・現物株式の買付手数料・・・最大10万円

今回のキャンペーンでキャッシュバックになる金額は、株式の買付手数料の最大10万円です。

SMBC日興証券のダイレクトコースは、もともと割安な手数料になっているので、10万円分のキャッシュバックがあると、かなり取引できます。

株式投資を始めたばかりの投資家であれば、キャッシュバック金額が足りないと感じることはないでしょう。

まとめ

SMBC日興証券の冬の口座開設キャンペーンは、

・現金プレゼントとキャッシュバックの2つを組み合わせたキャンペーンであること
・3つのミッションをクリアすると、最大600円の現金がもらえること
・買付手数料が最大10万円キャッシュバックされること

この3つがポイントです。

これから株式投資を始めようと考えている方は、このキャンペーンを活用してみてはいかがでしょうか。

>>SMBC日興証券の新規口座開設はこちら(無料)<<

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 手数料プラン選択のコツについて ・50万円以下ならアクティブプランが有利(無料になる…

ページ上部へ戻る