内藤証券【米国株】取引時の国内手数料をキャッシュバックキャンペーン!

内藤証券で米国株を取引すると、手数料がキャッシュバックされる!

内藤証券【米国株】取引時の国内手数料をキャッシュバックキャンペーン!

内藤証券では、キャンペーン期間中に米国株を取引すると、手数料がキャッシュバックされます。

内藤証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

内藤証券【米国株】取引時の国内手数料をキャッシュバックキャンペーン!概要

キャンペーン期間(注文日ベース)

取引期間(すべての米国株取引)

・2021年10月4日(月)から10月8日(金)まで

取引期間(7,110USドル以上の取引)

・2021年10月11日(月)から12月28日(火)まで

キャンペーン内容

キャンペーン期間中に米国株を取引すると、米国株国内手数料が全額キャッシュバックされる。

※円貨決済での売り注文時の国内手数料、現地手数料、SECフィー、為替手数料はキャッシュバック対象外。

※ジュニアNISA口座での取引はキャンペーン対象外。

キャッシュバック対象取引

・米国株取引(外貨決済)

キャッシュバック時期

キャッシュバックの現金は、1ヶ月間の手数料(税込)を翌月中旬に投資家の証券口座へ入金される。

【米国株】取引時の国内手数料をキャッシュバックキャンペーンについて

手数料無料と手数料キャッシュバックの違いについて

キャンペーンで間違えやすいのが「手数料無料と手数料キャッシュバックの違い」です。

手数料無料では、購入時または売却時に取引手数料がかかりません。

一方、手数料キャッシュバックでは、購入時または売却時に取引手数料が、あらかじめ必要です。

後日、手数料に相当する金額が投資家の証券口座へ入金されます。

手数料キャッシュバックは、「実質無料」と表現することもあります。

キャッシュバック対象の取引を確認しよう!

今回のキャンペーンは、米国株の取引手数料がキャッシュバックの対象となります。

米国株の円貨決済での売却手数料や為替手数料などは対象外です。

ジュニアNISA口座で行った取引も対象外となります。

手数料キャッシュバックのスケジュールを確認しよう!

このキャンペーンのキャッシュバック時期は、取引月の翌月中旬です。1ヶ月ごとに手数料を計算し、翌月中旬に投資家の証券口座へまとめて入金されます。

・2021年10月の手数料→11月中旬キャッシュバック
・2021年11月の手数料→12月中旬キャッシュバック
・2021年12月の手数料→2022年1月中旬キャッシュバック

例えば、2021年10月に取引した方は、キャッシュバックの現金が11月中旬に入金されます。

また、2021年11月に取引した方は、キャッシュバックの現金が12月中旬に入金されます。

2021年12月に取引した方は、キャッシュバックの現金が2021年1月中旬に入金されます。

米国株の取引時期によって、キャッシュバックのスケジュールが異なります。

まとめ

内藤証券【米国株】取引時の国内手数料をキャッシュバックキャンペーン!は、

・キャッシュバックの対象が米国株の取引手数料であること
・キャッシュバックの現金が1ヶ月ごとに、まとめて入金されること

この2つがポイントです。

内藤証券で米国株投資を始めようと考えている方は、このキャンペーンに参加してみてはいかがでしょうか。

内藤証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 手数料プラン選択のコツについて ・100万円以下ならアクティブプランが有利(無料にな…

ページ上部へ戻る