松井証券:株主優待銘柄買付キャンペーン(2019年12月)

松井証券で優待銘柄を買うと、カタログギフトがもらえる!

松井証券:カタログギフトプレゼントキャンペーン!

松井証券では、キャンペーン期間中にエントリーし、12月権利確定日の優待銘柄を10万円超、購入すると、グルメカタログギフト3,800円相当(抽選100名)がもらえます。

松井証券の口座開設はこちら(無料)

そこで、このカタログギフトのプレゼントキャンペーンの内容を詳しく調べてみました。

松井証券の手数料の仕組みを教えてほしい

松井証券の手数料は、1日分の取引金額に応じてかかる「1日定額手数料」の仕組みです。ボックスレートと呼ばれています。

現物取引の手数料
1日の約定代金合計金額 手数料(税抜)
10万円まで 0円
30万円まで 300円/0円(※)
50万円まで 500円
100万円まで 1,000円
200万円まで 2,000円
100万円増えるごとに1,000円加算
1億円超 10万円(上限)

※新たに信用取引口座を開設すると6ヶ月後の月末まで、取引金額30万円までの手数料が無料になる。

松井証券は1日の合計金額が10万円を超えなければ、手数料が無料になります。キャンペーンではなく、いつも無料です。

そのため、少額で株式投資を始めたいときは、松井証券を利用すると手数料を節約することが可能です。

カタログギフトのプレゼントキャンペーンは、10万円超の取引が必要になります。

カタログギフトがもらえるまでのスケジュールを確認しよう!

・取引期間:2019年11月28日(木)から12月26日(木)まで
・エントリー期間:2019年11月28日(木)から12月26日(木)17時まで
・カタログギフトの送付時期:2020年1月下旬頃

松井証券の申し込みからカタログギフトが届くまでのスケジュールはご覧の通りです。

取引期間・エントリー期間

松井証券の取引期間とエントリー期間は同じです。2019年11月28日から12月26日までに完了させてください。取引とエントリーの順番は問いません。

カタログギフトの送付時期

カタログギフトの当選者は、2020年1月下旬頃に、入力したメールアドレスに送付されます。

メールアドレスに記載されているリンク先から該当ページへ移動し、好きなカタログギフトを選択してください。

プレゼントの対象となる取引を確認しよう!

・現物取引で10万円超の12月優待銘柄を購入する

キャンペーンの対象となる取引は株式です。現物取引(買付)が対象となります。

12月の株主優待カレンダーについて

12月の株主優待スケジュール(松井証券)

株主優待をもらうためには、12月末までに株主になる必要があります。

・権利付最終日(この日までに買う)・・・12月26日
・権利落ち日(買ってももらえない)・・・12月27日
・権利確定日(権利が確定する)・・・12月30日

キャンペーン対象の優待銘柄は、12月26日までに買うと間に合います。

なお、キャンペーン期間が12月26日までに設定されているので、権利付最終日と同じスケジュールです。

12月の株主優待人気ランキング

12月の株主優待人気ランキング(松井証券)

松井証券で人気の株主優待銘柄はご覧の通りです。

コード 銘柄名 株価
(円)
投資金額
(円)
3197 すかいらーくホールディングス 2,198 219,800
4755 楽天 956 95,600
2702 日本マクドナルドホールディングス 5,430 543,000
3673 ブロードリーフ 712 71,200
2503 キリンホールディングス 2,444 244,400
7267 本田技研工業 3,080 308,000

※株価と投資金額は11月28日終値で計算。

さまざまな価格帯の銘柄が揃っています。どの銘柄に投資してもプレゼントの対象になります。できるだけ少ない資金でカタログギフトをもらうなら、10万円超の銘柄を買うと良いでしょう。

ただし、楽天やブロードリーフを100株だけ購入すると、投資金額が10万円を超えないので、プレゼントの対象外となります。投資資金が10万円を超えるように株数を調整してください。

まとめ

松井証券のカタログギフトプレゼントキャンペーンは、

・グルメカタログギフト3,800円相当が抽選100名にもらえること
・エントリーが必要なこと
・10万円超の12月優待銘柄を買うこと

この3つがポイントです。

優待銘柄を買う予定の方は、このキャンペーンに参加してみてはいかがでしょうか。

松井証券の口座開設はこちら(無料)

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 手数料プラン選択のコツについて ・50万円以下ならアクティブプランが有利(無料になる…

ページ上部へ戻る