株式交換による完全子会社化報道

みずほフィナンシャルグループ(8411)投資データ

社名(コード番号) みずほフィナンシャルグループ(8411)
上場 東京証券取引所第1部
業種 銀行業
決算期 3月

(3月15日16:00)みずほ信託銀行、みずほ証券及びみずほインベスターズ証券の完全子会社化に関する基本合意のお知らせ

(2月28日7:40)2月26日の報道について

要因

2月26日、みずほフィナンシャルグループが子会社3社を株式交換によって完全子会社化すると報道される。翌週28日、子会社3社の株価が急騰した。

完全子会社化の対象となるのは、みずほ信託銀行(8404)、みずほ証券(8606)、みずほインベスターズ証券(8607)の3社。会社側は28日午前の時点で報道を否定している。

(3月15日)

子会社3社の株式交換による完全子会社化を正式発表。

株価変動のきっかけ

対処の方法

株式交換による完全子会社化が先行報道された場合、2つの方法が考えられる。

1つは、取引時間中にデイトレードを行うこと。株式交換比率が未定であるため、思惑的な買いが発生し、株価変動も激しくなる。短期投資に向いた投資環境となり、ボラティリティも高い。

ただし、昼休み及び翌営業日まで、絶対にポジションを持ち越さないこと。正式発表によって、市場価格より不利な株式交換比率が出ると、大損の可能性がある。

もう1つは、子会社3社の信用売り。先ほども書いたが、思惑的な買いによって、過熱感がある株価水準まで持ち上げられることが多い。正式発表が出ない日が続くと、徐々に値を下げる傾向がある。

正式発表を回避しつつ、絶好のタイミングで返済買いを行いたい。

みずほ信託銀行、みずほ証券、みずほインベスターズ証券の時系列データ(終値)

日付 みずほ信託
(8404)
みずほ証券
(8606)
みずほインベ
(8607)
2/25
(報道前)
84 224 86
2/28
(報道後)
89 251 92
3/1 90 250 91
3/2 88 247 88
3/3 89 243 88
3/4 89 244 88
3/7 88 240 87
3/8 88 242 87
3/9 87 248 87
3/10 87 245 87
3/11 86 242 86
3/14 76 221 77
3/15
(発表前)
67 202 68
3/16
(発表後)
72 221 74
3/17 70 214 73
3/18 74 221 75

みずほ信託銀行:株価の動き(気配値・5分足チャート)・・ハイパーSBI

日足チャートはSBI証券「ハイパーSBI」。

(2月28日)89円、90円、86円、89円、68848000株

8404-20110228-5m
前日比5円高の89円で寄り付き。その直後90円の高値。9時33分に86円の安値。
出来高は6884万8000株。
寄り付き後に失速するも、再上昇。出来高急増。低位株のため、6800万株を超える。

みずほ証券:株価の動き

(2月28日)240円、253円、238円、251円、31856000株

8606-20110228-5m
買い気配で始まる。9時7分に240円で寄り付き。8分に238円の安値。13時に253円の高値。
出来高は3185万6000株。出来高急増。
株価急騰。寄り付き後も右肩上がりの上昇が続く。

みずほインベスターズ証券:株価の動き

(2月28日)93円、94円、89円、92円、10766000株

8607-20110228-5m
買い気配で始まる。9時5分に93円で寄り付き。その直後94円の高値。28分に89円の安値。
出来高は1076万6000株。
株価急騰。出来高急増。1000万株超え。

株価変動のきっかけ一覧へ戻る

ネット証券キャンペーン情報

個人型確定拠出年金(イデコ)で節税&積み立て。SBI証券楽天証券マネックス証券が人気です。

新規口座開設でもらえる特典・プレゼント・キャンペーン・・まだ間に合うキャンペーン情報。新規口座開設で現金やポイントなどをプレゼント。

SBI証券・・・お得なキャンペーン開催中。オンライントレード口座開設数No.1、トレーディングツール「HYPER SBI」

ライブスター証券・・株式(現物)、日経225先物・mini、オプション取引の手数料無料[0円]キャンペーン開催中!

マネックス証券・・・新規口座開設キャンペーン。手数料キャッシュバック!

楽天証券・・・取引ツール「マーケットスピード」が人気。キャンペーン開催中。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 手数料プラン選択のコツについて ・50万円以下ならアクティブプランが有利(無料になる…

ページ上部へ戻る