カブドットコム証券の個人型確定拠出年金の資料請求について

カブドットコム証券で個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)をはじめよう!

カブドットコム証券の個人型確定拠出年金の資料請求について

カブドットコム証券(カブコム)の個人型確定拠出年金の資料請求はこちら(無料)

個人型確定拠出年金には、どんなメリットがあるの?

個人型確定拠出年金(イデコ)は、公的年金に追加して、将来のために自分で積み立てる年金制度です。老後資産の問題が注目されてから、イデコの人気が高まっています。

長生きするほど多くの生活資金が必要になるため、足りないお金をできるだけ早いうちから用意して、老後の不安を解消することを目指します。

イデコを始めると得られるメリットは次の3つです。

毎年の所得税・住民税の負担が軽減される!

イデコで積み立てた資金は、所得控除の対象となり、所得税や住民税が安くなります。

例えば、企業年金がない、年収400万円の会社員の方が毎月23,000円積み立てると、35歳から60歳までの25年間で103万5,000円の節税になります。

イデコは早く始めるほど、節税効果がより大きくなります。

運用収益(利息・売却益)が非課税になる!

イデコでは、積み立てた資金を使って、指定された投資信託で運用します。もし、運用で利益が出たときや利息がもらえたときは、その利息や売却で得られた利益には税金がかかりません。

株式投資で有名な「NISA(ニーサ)」と同様の仕組みです。

受取時に一定金額まで非課税で受け取れる!

イデコで積み立てた掛け金は、退職金のようにまとめて受け取る場合と、年金のように少しずつ受け取る場合の2種類の方法を使うことができます。

どちらの場合も、所得控除があるので、一定金額まで非課税の対象となります。

カブコムのイデコのメリットについて

スマホでイデコの管理ができる!

カブコムのイデコは、スマホアプリを使えば、積立金額のシミュレーションや運用資産の管理までスマホひとつで操作可能です。

年収に応じた節税のシミュレーション、運用開始後の投資スタイルの見直しもスマホでカンタンにできます。

投資家のニーズに合わせた金融商品が選べる!

イデコで投資する金融商品は、老後資産に備えるため、長期・積立・分散に適した運用が必要です。

カブコムのイデコは初心者から経験者まで幅広いニーズに合わせた投資信託を用意しています。

カブコムのイデコはポイントが貯まる!

カブドットコム証券でイデコを始めると、auユーザーならウォレットポイント、auユーザー以外でもWow!スーパーポイントがもらえます。

イデコをすぐに始めないといけないのでしょうか?

イデコを始めるのが早いほど、節税効果は大きくなります。でも、これから投資資金を用意する場合や、少額で始めたい場合など、いろいろ不安があると思います。

カブドットコム証券でイデコの資料請求をしたからといって、すぐに申し込まないといけないわけではありません。

イデコはいつでも始められますし、届いた資料を見ながら、比較検討してみてはいかがでしょうか。

カブコムの個人型確定拠出年金(イデコ)の資料請求はこちら(無料)

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 株式投資を始めたばかりの投資家は、取引回数が少ないです。しかし、経験を積むごとに回数が徐々…

ページ上部へ戻る