トライオートETFの無料口座開設について

ETF自動売買で利益を積み重ねる、インヴァスト証券のトライオートETF

インヴァスト証券のトライオートETF

トライオートETFの無料口座開設はこちら

○○ショックが利益につながるトライオートETF

インヴァスト証券が提供する「トライオートETF」とは、1万円から始められるETF(上場投資信託)のCFD(差金決済取引)です。ETFでは株価の上昇(または下落)したときに利益が得られますが、トライオートETFは上昇でも下落でも利益を積み重ねることができます。

また、自動売買であらかじめ注文方法を設定しておくことにより、投資家が寝ている間でも取引してくれます。

トライオートETFのメリットや特徴は、主に次の3つです。

売買手数料が無料

トライオートETFの売買手数料は無料です。自動売買でも、1口の購入でも手数料がかかりません。また、海外ETFの購入に必要な両替コストはなく、為替リスクはヘッジされます。

その代わり、金利(約1%)とスプレッド(0.05%~0.3%)が必要になります。

レバレッジは最大5倍です。FXにようにリスクを取り過ぎずにコツコツと利益を積み重ねる投資家に向いています。

簡単操作で自動売買

トライオートETFは、“買いっぱなし”よりも、こまめに売買を繰り返す方が利益が増えやすいです。市場は常に変動するため、うまく波をとらえると保有し続けるよりも利益が大きくなります。

特に、○○ショックと呼ばれる相場の急変時ほど効率的です。2016年では、ブレグジット(英国のEU離脱)やトランプショックのときに世界の株式市場が急落しました。このときにトライオートETFを活用すれば、利益が増加しました。

投資家の損益が過去10ヶ月連続プラス

自動売買の設定では、「リターン重視」「バランス重視」「リスク重視」の3段階の中から、投資家の投資スタイルに合わせた銘柄を推薦してくれます。初心者の方は、推薦銘柄の中から好みの銘柄を選びます。

中上級者の方は、自分で希望の銘柄を選ぶことも可能です。直近の運用成績も好調で、過去10ヶ月連続プラスになっています。

自動売買の設定は、パソコン以外にもスマホアプリを使えばカンタンです。iphoneとAndroidアプリに対応しています。

インヴァスト証券に何かがあったときに、預けた資産は大丈夫でしょうか?

あまり見慣れない金融商品なので、もしものときに大丈夫だろうか? と考える方がいるかもしれません。たぶん、多くの投資家が同じように感じていると思います。

インヴァスト証券に関しては、株式市場に上場する企業として信頼があります。

また、万が一、インヴァスト証券に“もしものこと”が起きても、投資家の資金に影響が及ばないように、分別管理されています。投資家の現金は、三井住友銀行の信託口座に保管されます。

トライオートETFには下の口座開設キャンペーンもあることですし、まずは気軽に口座を用意してみてはいかがでしょうか。

トライオートETFの詳細はこちら

トライオートETFの1周年記念キャンペーン

トライオートETF新規口座開設と取引で現金最大1万円プレゼント

インヴァスト証券では、2017年7月31日まで、トライオートETFの新規口座開設と取引現金最大1万円がもらえるキャンペーンを行っています。

キャンペーン対象者

・キャンペーン期間中にトライオートETFの口座を開設し、口座開設日の翌月末までに取引条件を達成した投資家

キャンペーン期間

・2017年4月25日(金)から7月31日(月)まで

キャンペーン内容

入金額と取引条件・プレゼント金額は以下の通りです。

実質入金額 取引条件 プレゼント
50万円以上 自動売買セレクトから1銘柄稼働させて
1回以上取引(1回以上の約定)
5,000円
100万円以上 自動売買セレクトから2銘柄稼働させて
1回以上取引(各1回以上の約定)
10,000円

※実質入金とは、入金額から出金額を差し引いた金額です。

口座開設と取引期間

口座開設日と入金・取引期限の対応表は以下の通りです。

口座開設 実質入金の判定日と取引期限
5月 2017年6月30日(金)・・・7月1日(土)4時55分
6月 2017年7月31日(月)・・・8月1日(火)4時55分
7月 2017年8月31日(木)・・・9月1日(金)4時55分
現金プレゼントの時期

・初回入金の翌々月末

(例)5月口座開設の場合

トライオートETFキャンペーンの流れ

例えば、5月にトライオートETFの口座を開設すると、7月1日4時55分までに取引を行うとプレゼントの対象になります。入金額の条件達成も同じ日時です。

プレゼントの条件を達成すると、7月末頃に現金5,000円または1万円が取引口座に入金されます。

自動売買セレクト銘柄の特徴

多くの銘柄が運用資金50万円以下で始められます。運用資金とは、自動売買セレクトで各銘柄の最低単位を稼働するための推奨証拠金額のことです。

トライオートETFのキャンペーン詳細はこちら

おすすめ記事

ピックアップ記事

HYPER SBIの使い方 項目一覧

HYPER SBIとは? HYPER SBIとは、SBI証券が提供する高機能トレーディングツールです。投資に必要な情報収集や注文の発注…

ページ上部へ戻る