立花証券ストックハウスの手数料と取扱商品

新規口座開設でもらえる特典・プレゼント・キャンペーン

立花証券ストックハウス新規口座開設キャンペーン

2018年3月30日までに新規口座開設すると、開設日の翌営業日から3ヶ月間(60営業日)の売買手数料が無料になります。

立花証券ストックハウスの口座開設のお申し込みはこちら(無料)

立花証券ネットトレードストックハウス

取引金額別売買手数料一覧表(税込)

現物個別コース
取引金額 ~10万円 ~20万円 ~30万円 ~40万円
売買手数料 108円 162円 243円 324円
取引金額 ~50万円 ~100万円 ~150万円 150万円超
売買手数料 351円 621円 837円 1,188円

現物個別コースの特徴

立花証券ストックハウスの魅力は手数料の安さです。 取引金額20万円以下の売買手数料が安いです。

少額投資に適した手数料体系になっています。

現物定額コース
取引金額 ~20万円 ~30万円 ~50万円 ~100万円
売買手数料 216円 324円 540円 972円
取引金額 ~200万円 ~300万円 ~400万円 ~500万円
売買手数料 1,728円 2,592円 3,024円 3,240円
取引金額 以降100万円増えるごと 手数料上限 
売買手数料 864円加算  86,400円

現物定額コースの特徴

立花証券ストックハウスの定額コースは、きめ細かい手数料設定が行われています。

取引金額別信用取引手数料一覧表(税込)

信用個別コース
取引金額 ~50万円 ~1,000万円 1,000万円超
手数料 189円 378円 0円

信用個別コースの特徴

立花証券ストックハウスの信用個別コースは、取引金額が1,000万円を超えると手数料が0円になります。

同一日・同一時間・同一売買の約定が複数ある場合には、1つの注文として手数料が計算されます。

信用定額コース
取引金額 ~20万円 ~50万円 ~500万円 ~1,000万円
手数料 540円 1,080円 2,160円 4,320円
取引金額 1,000万円
増えるごとに
 手数料上限
手数料 4,320円加算  86,400円

信用定額コースの特徴

立花証券ストックハウスの信用定額コースは、信用個別コースよりも詳細な手数料体系になっています。

取扱商品及び株式市場

株式
市場
東証1部2部
マザーズ
ジャスダック
札幌 名古屋 福岡
取扱
商品
単元未満株
ミニ株
投資信託 IPO
(新規公開株)
FX
買取 くりっく365
CFD 米国株 中国株 その他市場
無期限
信用取引
夜間取引 立会外分売 先物
オプション
特徴

株式市場

東証1部2部・東証マザーズ・ジャスダックの全銘柄が取引できます。

取扱商品

現物取引・信用取引・投資信託(ETF・REIT含む)・IPO・くりっく365・日経225先物、日経225オプション等の金融商品を取り扱っています。

提携銀行(即時入金サービス等)及び振込手数料

銀行名 ジャパン
ネット
ゆうちょ 三菱東京
UFJ
三井住友
振込
手数料
○(無料) ○(無料) ○(無料) ○(無料)
銀行名 みずほ
振込
手数料
○(無料)
※赤文字は即時入金サービスがあります。
ジャパンネット・・・・ジャパンネット銀行
ゆうちょ・・・・ゆうちょ銀行「ゆうちょダイレクト」
三菱東京UFJ・・・・三菱東京UFJ銀行「三菱東京UFJダイレクト」
三井住友・・・・三井住友銀行「SMBCダイレクト」
みずほ・・・・みずほ銀行「みずほダイレクト」

立花証券ストックハウスでは、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の各銀行と提携しているので、即時入金サービス(ネットバンク リアルタイム入金サービス)を利用すると振込手数料がかかりません。

また、出金は提携銀行を問わず、手数料がかかりません。

立花証券ストックハウスの口座開設のお申し込みはこちら(無料)

立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション

おすすめ記事

ピックアップ記事

HYPER SBIの使い方 項目一覧

HYPER SBIとは? HYPER SBIとは、SBI証券が提供する高機能トレーディングツールです。投資に必要な情報収集や注文の発注…

ページ上部へ戻る