ネット証券でオススメの株主優待銘柄を集めました(2017年1月)

今、株主優待が熱いです。アベノミクスが一段落し、株価の急激な上昇が期待できなくなったことから、株主優待目当ての投資家が増えてきています。企業側も株主を集めるために、株主優待を新設したり、拡充したりと積極的に利益を還元するようになりました。

そこで、今回、ネット証券で注目されている優待銘柄をまとめてみました。特集記事を取り上げるのは、SBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券の4社です。

ネット証券でピックアップされた優待銘柄(コード番号順)

銘柄 優待 1/20
株価
SBI 楽天 マネ 松井
ベステラ
(1433)
クオカード 6,680
積水ハウス
(1928)
新米 1,914.5
モロゾフ
(2217)
割引券 516
ダイドー
ドリンコ
(2590)
自社製品 5,980
ミサワ
(3169)
割引券
など
518
鳥貴族
(3193)
食事券 2,414
クロスプラス
(3320)
自社製品
クーポン
655
バルニバービ
(3418)
食事券
など
2,872
稲葉製作所
(3421)
図書カード 1,357
シーズHD
(4924)
自社製品
など
3,280
サムコ
(6387)
クオカード 1,138
タカショー
(7590)
ガーデン
グッズ
421
トーホー
(8142)
割引券 2,543
東京ドーム
(9681)
優待券 1,109
合計 7 8 5 5

ネット証券オススメの優待銘柄の特徴

1月の株主優待銘柄は他の月に比べて数が少ないため、オススメ銘柄も各社よく似ています。合計14銘柄です。

掲載数はSBI証券・楽天証券が8銘柄、マネックス証券・松井証券が5銘柄です。SBI証券は個別銘柄以外の優待銘柄を紹介していたので省略しています。

ベステラ(1433)、モロゾフ(2217)、鳥貴族(3193)が3社、積水ハウス(1928)、ダイドードリンコ(2590)、バルニバービ(3418)、サムコ(6387)、東京ドーム(9681)が2社オススメとなりました。

株主優待をもらうまでのスケジュール

2017年は1月26日までに株主になる必要があります。権利付最終日が1月26日です。27日が権利落ち日、31日が権利確定日です。

株主優待をもらうだけなら、1月26日に購入し、27日に売却するだけです。しかし、27日に株価が急落する可能性があるので、早めに購入することをオススメします。

なお、同時期に配当金の権利ももらえるので、配当権利落ちの株価下落も可能性があります。

株主優待をもらうために必要な投資資金について

株主優待銘柄は、株主の保有株数によって、優待内容が変わります。例えば、鳥貴族の場合はご覧の通りです。

鳥貴族の株主優待

毎年1月末・7月末に100株以上保有する株主に食事券をプレゼント

・100株保有・・・1,000円相当の食事券(年2回)

・300株保有・・・3,000円相当の食事券(年2回)

・500株保有・・・5,000円相当の食事券(年2回)

鳥貴族の株主優待は、各店舗で利用可能な食事券です。1月末と7月末の株主は年2回、食事券がもらえます。鳥貴族の株価は2,414円ですから、

2,414円×100株=24万1400円

となり、株主優待をもらうために必要な投資資金は24万1400円です。これに売買手数料が加算されます。300株購入する場合は72万4200円、500株購入する場合は120万700円です。

株主優待をたくさんもらえるのはうれしいですが、投資資金もその分だけ必要になります。予算に合わせて、購入する株数を決めたいです。

株主優待銘柄の株価上昇について

株主優待銘柄は、権利確定までのスケジュールに合わせて株価が上昇する傾向があります。特に1月銘柄は数が少ないことから、投資資金が集中する傾向があります。

しかし、株主優待銘柄の中には、株価に影響しにくい優待も含まれます。具体的には、株価に対して換金価値が低い(優待利回りの低い)優待、利用者数が少ない割引券、本業とのつながりがない優待などです。

株価が動かないので、優待目当ての投資家は買いやすいと思います。逆に値上がり益狙いの投資家は近づかないことをオススメします。

また、日経平均株価と連動する優待銘柄は、優待のスケジュールと関係なく株価が動きます。上記の1月銘柄では、積水ハウスが該当します。市場全体と連動するので、「直前購入→直後売却」でも損をしないことがあります。

逆に、権利確定日から余裕を持って購入しても、市場全体の下落に巻き込まれて大きな含み損を抱えてしまうこともあります。

まとめ

1月の株主優待銘柄が欲しいときは、権利落ちの株価下落に備えておきたいです。全ての銘柄を買うのではなく、欲しい銘柄を絞り込んで中長期で保有し続けるものを選びたいです。

ネット証券キャンペーン情報

新規口座開設でもらえる特典・プレゼント・キャンペーン・・まだ間に合うキャンペーン情報。新規口座開設で現金・ポイントをプレゼント。

SBI証券・・・口座開設と取引で現金プレゼント。オンライントレード口座開設数No.1、トレーディングツール「HYPER SBI」

ライブスター証券・・株式(現物・信用)、日経225先物・mini、オプション取引の手数料無料[0円]キャンペーン開催中!

マネックス証券・・・新規口座開設キャンペーン。手数料キャッシュバック!

楽天証券・・・手数料は業界最低水準。キャンペーン開催中。楽天ポイントをプレゼント。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

HYPER SBIの使い方 項目一覧

HYPER SBIとは? HYPER SBIとは、SBI証券が提供する高機能トレーディングツールです。投資に必要な情報収集や注文の発注…

ページ上部へ戻る