株主優待人気銘柄の株価は上がるのか?(2018年3月)

2月に大波乱で急落した株式市場。日経平均株価は21,000円割れの水準まで下落しました。その後は落ち着きを取り戻し、安定して推移しています。

全体的に下げたことから、優待銘柄も総じて安くなっています。2月銘柄狙いの投資家は予想外の安値で買えたと思います。

今回も株主優待の注目銘柄を見つけて、「実際に投資したらどうなるか?」を検証してみましょう。

SBI証券の「ピックアップ!株主優待銘柄」で人気銘柄を探す

人気が高い株主優待銘柄は、SBI証券の「ピックアップ!株主優待銘柄のご紹介」のページを見れば、カンタンに見つかります。銘柄の探し方はこちらをご覧ください。

株主優待がもらえる銘柄の株価上昇を狙う

SBI証券紹介の株主優待人気銘柄

「ピックアップ!株主優待銘柄」SBI証券

SBI証券「ピックアップ!株主優待銘柄のご紹介」に載っている株主優待銘柄はこちら。

・ANAホールディングス(9202)株価4,248円×100株=必要資金42万4800円
・松屋フーズ(9887)株価3,905円×100株=必要資金39万0500円
・ゼンショーホールディングス(7550)株価2,224円×100株=必要資金22万2400円
・平和(6412)株価2,354円×100株=必要資金23万5400円
・日本航空(9201)株価4,056円×100株=必要資金40万5600円
・西日本旅客鉄道(JR西日本)(9021)株価7,422円×100株=必要資金74万2200円
・オリックス(8591)株価1,935.5円×100株=必要資金19万3550円
・オリエンタルランド(4661)株価10,655円×100株=必要資金106万5500円

株主優待銘柄の最低投資金額を計算しました(2月23日終値)。例えば、すき家でおなじみ、ゼンショーホールディングスの場合、

株価2,224円×100株=22万2400円

となり、22万2400円の投資資金が必要です。各企業の株主優待は、保有株数に応じて優待内容が異なります。優待内容と株数を間違えないようにしてください。

さて、今回はこれらの銘柄を追いかけます。

株主優待銘柄は、優待の権利が近づくにつれて株価が上がる傾向があります。

はたして、来月下旬までにどのくらい上がるでしょうか?

2018年3月株主優待銘柄の株価は上がったのか?

銘柄 コード 2/23 3/27 上昇率
ANAホールディングス 9202 4,248 4,102 -3.44%
松屋フーズ 9887 3,905 3,900 -0.13%
ゼンショー
ホールディングス
7550 2,224 2,430 9.26%
平和 6412 2,354 2,226 -5.44%
日本航空 9201 4,056 4,256 4.93%
JR西日本 9021 7,422 7,535 1.52%
オリックス 8591 1,935.5 1,892.5 -2.22%
オリエンタルランド 4661 10,655 10,685 0.28%

今月は4勝4敗でした。2月の成績が悪すぎたので、今月はやや回復しました。

2月の株価急落により、3月優待銘柄を先取りして買う動きが上昇に貢献しました。しかし、相変わらず下げる銘柄も含まれているので、不安定な状況は続きます。

市場全体の動きに振り回されているため、値上がり益狙いよりも優待狙いの方が有利なようです。

SBI証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 株式投資を始めたばかりの投資家は、取引回数が少ないです。しかし、経験を積むごとに回数が徐々に増…

ページ上部へ戻る