高配当利回り銘柄の株価は上がるのか?(2018年6月)

株価に対して配当金が多くもらえる高配当利回り銘柄。配当金の多い企業には投資家が殺到し、株価も上がりやすくなります。

今回も高配当利回り銘柄を見つけて「実際に投資したらどうなるか?」を検証したいと思います。

マネックス証券のテーマ別投資情報で高配当利回り銘柄を探す

配当利回りの高い銘柄(高配当利回り銘柄)は、マネックス証券「テーマ別投資情報」を使えば、カンタンに見つかります。銘柄の探し方はこちらをご覧ください。

高配当利回り銘柄の株価上昇を狙う

2018年6月の高配当利回り銘柄

「テーマ別投資情報」マネックス証券

5月28日時点の高配当利回り銘柄はこちらです(※6月決算以外の銘柄を省略しています)。

アーバネットコーポレーション(3242)株価401円×100株=必要資金40,100円
穴吹興産(8928)株価3,355円×100株=必要資金33万5500円
FCホールディングス(6542)株価912円×100株=必要資金91,200円
リブワーク(1431)株価1,146円×100株=必要資金11万4600円
エンビプロ・ホールディングス(5698)株価831円×100株=必要資金83,100円

上の画像は左から、順位・コード番号・銘柄名・必要資金・配当利回りの順番で紹介されています。必要資金の計算方法は、株価×株数です。例えば、穴吹興産は

株価3,355円×100株=33万5500円

となり、必要資金33万5500円です。

さて、今回はこの5銘柄の株価を追いかけます

はたして、来月下旬までにどのくらい上昇するでしょうか?

マネックス証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

初心者向け。おトクな新規口座開設キャンペーン開催中!マネックス証券

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 株式投資を始めたばかりの投資家は、取引回数が少ないです。しかし、経験を積むごとに回数が徐々に増…

ページ上部へ戻る