高配当利回り銘柄の株価は上がるのか?(2018年3月)

株価に対して配当金が多くもらえる高配当利回り銘柄。配当金の多い企業には投資家が殺到し、株価も上がりやすくなります。

今回も高配当利回り銘柄を見つけて「実際に投資したらどうなるか?」を検証したいと思います。

マネックス証券のテーマ別投資情報で高配当利回り銘柄を探す

配当利回りの高い銘柄(高配当利回り銘柄)は、マネックス証券「テーマ別投資情報」を使えば、カンタンに見つかります。銘柄の探し方はこちらをご覧ください。

高配当利回り銘柄の株価上昇を狙う

2018年3月の高配当利回り銘柄

「テーマ別投資情報」マネックス証券

2月23日時点の高配当利回り銘柄はこちらです(※3月決算以外の銘柄を省略しています)。

アールビバン(7523)株価744円×100株=必要資金74,400円
SANKYO(6417)株価3,880円×100株=必要資金38万8000円
アールシーコア(7837)株価1,261円×100株=必要資金12万6100円
あかつき本社(8737)株価528円×100株=必要資金52,800円
青山商事(8219)株価4,490円×100株=必要資金44万9000円

上の画像は左から、順位・コード番号・銘柄名・必要資金・配当利回りの順番で紹介されています。必要資金の計算方法は、株価×株数です。例えば、青山商事は

株価4,490円×100株=44万9000円

となり、必要資金44万9000円です。

さて、今回はこの5銘柄の株価を追いかけます

はたして、来月下旬までにどのくらい上昇するでしょうか?

2018年3月高配当利回り銘柄の株価は上がったのか?

銘柄 コード 2/23 3/27 上昇率
アールビバン 7523 744 677 -9.01%
SANKYO 6417 3,880 3,850 -0.77%
アールシーコア 7837 1,261 1,269 0.63%
あかつき本社 8737 528 475 -10.04%
青山商事 8219 4,490 4,250 -5.35%

今月は1勝4敗でした。下落の差が激しいです。

アールビバンは決算結果による売り、それ以外の大幅下落はリスク回避の売りのようです。急激な円高進行等で市場全体が不安定なため、投資を手控える動きが出ています。

高配当銘柄にも同様の動きがあり、今回の結果となりました。

マネックス証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

初心者向け。おトクな新規口座開設キャンペーン開催中!マネックス証券

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

HYPER SBIの使い方 項目一覧

HYPER SBIとは? HYPER SBIとは、SBI証券が提供する高機能トレーディングツールです。投資に必要な情報収集や注文の発注…

ページ上部へ戻る