高配当利回り銘柄の株価は上がるのか?(2017年10月)

株価に対して配当金が多くもらえる高配当利回り銘柄。配当金の多い企業には投資家が殺到し、株価も上がりやすくなります。

今回も高配当利回り銘柄を見つけて「実際に投資したらどうなるか?」を検証したいと思います。

マネックス証券のテーマ別投資情報で高配当利回り銘柄を探す

配当利回りの高い銘柄(高配当利回り銘柄)は、マネックス証券「テーマ別投資情報」を使えば、カンタンに見つかります。銘柄の探し方はこちらをご覧ください。

高配当利回り銘柄の株価上昇を狙う

2017年10月の高配当利回り銘柄

「テーマ別投資情報」マネックス証券

9月27日時点の高配当利回り銘柄はこちらです(※10月決算以外の銘柄を省略しています)。

日本ハウスホールディングス(1873)株価617円×100株=必要資金61,700円
トップカルチャー(7640)株価513円×100株=必要資金51,300円
パーク24(4666)株価2,663円×100株=必要資金26万6300円
学情(2301)株価1,320円×100株=必要資金13万2000円
ファースト住建(8917)株価1,785円×100株=必要資金17万8500円

上の画像は左から、順位・コード番号・銘柄名・必要資金・配当利回りの順番で紹介されています。必要資金の計算方法は、株価×株数です。例えば、日本ハウスホールディングスは

株価617円×100株=61,700円

となり、必要資金61,700円です。

さて、今回はこの5銘柄の株価を追いかけます

はたして、来月下旬までにどのくらい上昇するでしょうか?

2017年10月高配当利回り銘柄の株価は上がったのか?

銘柄 コード 9/27 10/26 上昇率
日本ハウスホールディングス 1873 617 656 6.32%
トップカルチャー 7640 513 542 5.65%
パーク24 4666 2,663 2,671 3.00%
学情 2301 1,320 1,389 5.23%
ファースト住建 8917 1,785 1,802 0.95%

今月は5勝0敗でした。全勝になるのは、なかなか珍しい出来事です。

日本ハウスホールディングスやトップカルチャー、学情などの銘柄は、配当金をもらうよりも値上がり益を狙う方が儲けが大きくなります。

選挙相場の恩恵を受けたとは言え、大満足の結果だと思います。このような状況が続けば、紹介する甲斐がありますね。

マネックス証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

初心者向け。おトクな新規口座開設キャンペーン開催中!マネックス証券

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

HYPER SBIの使い方 項目一覧

HYPER SBIとは? HYPER SBIとは、SBI証券が提供する高機能トレーディングツールです。投資に必要な情報収集や注文の発注…

ページ上部へ戻る