配当金がもらえる株を買ってみた

実際に投資を行い、配当金をもらおう!

みずほフィナンシャルグループの株を買うまでの流れ

配当金がもらえる株の買い方のつづきです。

投資金額に対して配当金が多くもらえる「配当利回りの高い企業」をみつけたら、実際に、その企業に投資してみましょう。

今回、管理人はマネックス証券で株を買ってみることにしました。

新しくなったスクリーニングが便利!マネックス証券

みずほフィナンシャルグループの場合、3月下旬もしくは9月下旬までに購入すれば、配当金の権利がもらえます。

そこで、1月中旬に買い注文を入れました。

マネックス証券にログインし、画面中央上にみずほフィナンシャルグループのコード番号「8411」を入力します。そして、「買い注文」ボタンをクリックします。

マネックス証券「マイページ」

みずほの買い注文画面に移動しました。すでに「みずほフィナンシャルグループの株を買う」と指定しているので、入力および選択する項目は少なくなっています。

購入する株の数量、成行or指値注文の選択、注文の有効期間の3つです。

マネックス証券「買い注文画面」

みずほフィナンシャルグループを購入する株数は200株にしました。

注文方法は「指値(さしね)」です。指値買い注文は、「株価が指定の値段以下になったら買いたい」という注文方法です。今回は株価を215円に設定してみました。一方、成行買い注文は、「いくらでも良いから買いたい」という注文方法です。

注文の有効期間は「当日中」です。

入力および選択が終われば、「次へ(注文内容確認)」をクリックします。

注文確認画面で、先ほど入力した内容をもう一度確認します。

マネックス証券「買い注文画面」

みずほを200株購入するので、

215円×200株=43,000円

となり、投資資金は43,000円です。これに売買手数料の108円が加わります。

注文内容に間違いがないことを確認し、暗証番号を入力、「実行する」をクリックします。

マネックス証券「買い注文画面」

みずほフィナンシャルグループの買い注文が完了しました。

マネックス証券「買い注文画面」

注文状況を確認するときは、「注文約定一覧」をクリックします。もしくは、マネックス証券にログイン後、マイページ中央上の「株式注文照会」をクリックすることも可能です。

マネックス証券「買い注文画面」

取引が成立すれば、注文約定一覧画面に「約定済」の文字が表示されます。

マネックス証券「注文約定一覧」

無事に215円で買うことができました。

3月末に配当金の権利が確定し、2~3ヶ月後に配当金が届きます。管理人はマネックス証券の証券口座に振り込まれるように設定しています。

マネックス証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

初心者向け。おトクな新規口座開設キャンペーン開催中!マネックス証券

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

HYPER SBIの使い方 項目一覧

HYPER SBIとは? HYPER SBIとは、SBI証券が提供する高機能トレーディングツールです。投資に必要な情報収集や注文の発注…

ページ上部へ戻る