財務諸表ってなあに?

企業の財務諸表を理解して、株式投資に活用しよう!

財務諸表とは「決算書」のこと

「財務諸表(ざいむしょひょう)」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?管理人は、株式投資を始めるまで聞いたことがありませんでした。

財務諸表の中で代表的なものは「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」の3つの表です。世間一般によく使われているのは別名の「決算書(けっさんしょ)」という言葉です。

今回は、この難しい株式用語をひとつひとつ紹介しようと思います。

 

財務諸表は「会社の家計簿」のこと

「株ってなあに?」で取り上げた「あなたが会社をつくる話」をもう一度思い出してください。

~~~~(ここから)~~~~

あなたの会社は急激に成長し、黒字から大黒字になりました。それにともない、あなたの会社の株(株式・株券)を買った(出資した)Aさんも大儲けです。

しかし、ある日Aさんは疑問に思います。「会社が儲けているのはわかるけれど、いったいどれだけ儲けているのだろうか?」と。そこで、Aさんはあなたにそのことを伝えにいきました。

さあ、あなたは困った。儲けているのはわかるけれど、いったいどれだけ儲けているのか正確な数字がわからない。証明するものを用意していない。仕方がないので、「これで勘弁してよ、お願い」と言いながら、あなたはあるものを見せることにしました。それは「会社の家計簿」です。

~~~~(ここまで)~~~~

つまり、財務諸表とは「会社の家計簿」なんです。この「会社の家計簿」はかなり複雑にできていて、先ほど紹介した「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」の3つを「財務3表」と言います。

それぞれをざっくり説明すると、

貸借対照表は「企業内に財産と借金がこれだけありますよ」と書かれた書類のこと、

損益計算書は「一定の期間で会社がこれだけ儲けましたよ」と書かれた書類のこと、

キャッシュフロー計算書は「一定の期間に会社の現金がこのように動きましたよ」と書かれた書類のこと

であると理解していれば今のところ十分でしょう。

 

株主になったらもらえる事業報告書

証券取引所に上場している企業の株主になると、毎年1~2回のペースで「事業報告書(じぎょうほうこくしょ)」というものが送られてきます。事業報告書は、上記「財務諸表(決算書)」をわかりやすく解説し、より詳しく企業の状態を理解してもらうために企業側が用意する書類です。

様々な写真やグラフ、データを使い、カラーで見やすい書類になるよう、工夫されています。その一方で、一般の形式から大きく加工されているために、手前味噌(てまえみそ)的な解説が多いのも事実です。

そのうち、企業に関わる人々は、企業側が自社を分析した情報ではなく、第三者が客観的にその企業を判断・判定した情報を希望するようになっていきました。

 

ある企業のアニュアルレポート(事業報告書)

新日鐵住金のアニュアルレポートを見てみよう

5401an

管理人が投資している新日鐵住金(5401)のアニュアルレポート(事業報告書)です。株式投資を行ったことのない初心者にとって、この分厚い報告書は何が書いているのかわからずに相当悩むことでしょう。

特に、数字と表が続く部分にはうんざりすると思います。しかし、儲けている投資家は、こういう情報を喜んで活用しています。管理人も最近になって、ようやく拒否反応を起こさずに普通に読めるようになりました。

多くの企業は、自社サイトでも事業報告書を掲載しています。興味のある方は、下のリンクからご覧ください。

アニュアルレポート(新日鐵住金公式サイト)

ネット証券キャンペーン情報

個人型確定拠出年金(イデコ)で節税&積み立て。SBI証券楽天証券マネックス証券が人気です。

新規口座開設でもらえる特典・プレゼント・キャンペーン・・まだ間に合うキャンペーン情報。新規口座開設で現金・ポイントをプレゼント。

SBI証券・・・新規口座開設と取引で現金をプレゼント。オンライントレード口座開設数No.1、トレーディングツール「HYPER SBI」

ライブスター証券・・株式(現物・信用)、日経225先物・mini、オプション取引の手数料無料[0円]キャンペーン開催中!

マネックス証券・・・新規口座開設キャンペーン。手数料キャッシュバック!

楽天証券・・・手数料は業界最低水準。キャンペーン開催中。楽天ポイントをプレゼント。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 株式投資を始めたばかりの投資家は、取引回数が少ないです。しかし、経験を積むごとに回数が徐々に増…

ページ上部へ戻る