HTMLサイトをワードプレスに移転する作業の流れ(2)

モバイルフレンドリーテストの結果

当サイト「ど素人の株日記」はモバイル対応にするため、サイト移転を行いました。

このページでは、HTMLサイトからワードプレスへ移転したときの作業手順について、時系列で紹介します。

HTMLサイトをワードプレスに移転する作業の流れ(1)のつづきです。

 

サイト内容を変更する~その2~

301リダイレクトを行う

転送の設定を行います。

旧サイトの訪問者をスムーズに誘導するなら、転送用のリンクを設置するだけでOKです。ところが、旧サイトが持つ(検索結果などの)評価を引き継ぐことはできません。そこで、「301リダイレクト」を行います。

301リダイレクトを行うには「.htaccess」というファイルが必要になります。

ここ数週間でやってきたことまとめ - 301リダイレクト記述方法

参考にさせてもらったページはこちらになります。当サイトの場合だと、

Redirect 301 /index.html http://kabu96.net/

これを、「.htaccess」ファイルに記述しました。↑はトップページの例です。旧サイトの訪問からすぐに、新サイトのトップページへ移動します。

個別ページの場合は、対応表を見ながら「kabu96.net/abc.html」などに書き換えます。

 

エクセルで記事のリストを作る

ひとつひとつのページごとに「Redirect 301・・・」と書き続けるのは、とても時間がかかります。そこで、対応表を作るときに↑のサイトで教えてもらった「CONCATENATE関数」を使いました。

=CONCATENATE(“Redirect 301 “,A1,” “,B1)

エクセルの対応表
A B C
1 /index.html http://kabu96.net/(トップ) Redirect・・・
2 /abc.html http://kabu96.net/abc.html Redirect・・・
3 /cfd.html http://kabu96.net/cfd.html Redirect・・・
4 /123.html http://kabu96.net/123.html Redirect・・・

C1に記述し、C2以降はオートフィル(C1のコピペ)です。C列のデータをファイルにコピーしました。

 

新サイトの公開、ファイルのアップロードと確認

転送の設定が終われば、新サイトの公開と「.htaccess」ファイルのアップロードを行います。

アップロードが終わったら、エクセルファイルの対応表を見ながら、旧サイトの各ページのURLをそれぞれクリックし、新サイトの各ページへ移動するか確認します。

   

新サイトへの切替とアクセス数の推移

ヤフーとグーグルに反映されるのはいつか?

上記作業を終えた後、旧サイトの検索結果が新サイトに切り替わるまで、どのくらいの時間がかかるか? を調べてみました。

 

サイト名で検索

サイト名で検索

ヤフーで「ど素人の株日記」と検索した結果がこちら。新サイトが一番上に表示され、旧サイトは順位が下になっていました。どちらでも閲覧できます。もちろん、旧サイトに移動すると、新サイトへ転送されます。

2016年8月15日にサイトをアップロードしたあと、約4日でこの画面になりました。

 

サイトURLで検索

サイトURLで検索

サイトアドレス「kabu96.net」で検索した結果がこちら。こちらはサイト名で検索したときより1日早く表示されました。「kabu96.comではありませんか?」と書かれていますが、この表示も、まもなく消えると思います。

なお、個別記事に関しては、順次、切り替わります。2015年にサイトを移転したときより、少し早くなっている気がしました。

 

旧サイトと新サイトのアクセスはどうなったか?

ほとんど変わりません。予想では、スマホ経由のアクセスが少し上乗せされると思っています。数週間後にわかるでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

HYPER SBIの使い方 項目一覧

HYPER SBIとは? HYPER SBIとは、SBI証券が提供する高機能トレーディングツールです。投資に必要な情報収集や注文の発注…

ページ上部へ戻る