SBI証券の手数料と取扱商品

新規口座開設でもらえる特典・プレゼント・キャンペーン

SBI証券新規口座開設キャンペーン

2017年9月30日までに新規口座開設&取引すると、最大10万円の現金がもらえます。

SBI証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

取引金額別売買手数料一覧表(税抜)

スタンダードプラン
取引金額 ~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円
売買手数料 139円 185円 272円 487円
取引金額 ~150万円 ~3,000万円 3,000万円超
売買手数料 582円 921円 973円

SBI証券の手数料は、20万円を超えるスタンダードプランの手数料が割安になります。

アクティブプラン
取引金額 ~10万円 ~20万円 ~30万円 ~50万円
売買手数料 無料 191円 286円 429円
取引金額 ~100万円 100万円超
売買手数料 762円 100万円ごとに
400円増加

SBI証券の魅力は手数料の安さです。

2つの手数料サービス

SBI証券が定額手数料を値下げ

現在、スタンダードプランアクティブプランの2つの手数料サービスがあります。上の一覧表がスタンダードプラン、下の一覧表がアクティブプランになります。

中長期投資の方はスタンダードプランを、デイトレードを含めた短期投資の方はアクティブプランを選択すると便利です。

取引金額別信用取引手数料一覧表(税抜)

スタンダードプラン
取引金額 ~20万円 ~50万円 50万円超
信用取引手数料 143円 191円 360円

SBI証券の信用取引手数料は、50万円を超えるスタンダードプランの手数料が割安になります。

アクティブプラン
取引金額 ~10万円 ~50万円 ~100万円 100万円超
信用取引
手数料
無料 239円 477円 100万円ごとに
400円増加

SBI証券では、信用取引のアクティブプランもかなり安くなっています。

取扱商品及び株式市場

株式
市場
東証1部2部
マザーズ
ジャスダック
札幌 名古屋 福岡
取扱
商品
単元未満株
ミニ株
投資信託 IPO
(新規公開株)
FX
S株
CFD 米国株 中国株 その他市場
韓国
ロシア
東南アジア
無期限
信用取引
夜間取引 立会外分売 先物
オプション
特徴 携帯電話取引対応ツール「ハイパー・モバイル」、単元未満株を「S株(エスかぶ)」と呼ぶ。
東南アジア諸国・・ベトナム・インドネシア・シンガポール・タイ・マレーシア

株式市場

東証1部2部・東証マザーズ・ジャスダックのほか、名古屋・福岡・札幌の全銘柄が取引できます。

取扱商品

現物取引・信用取引・投資信託(ETF・REIT含む)eワラント・ポケット株・ベンチャーファンド・先物・オプション・IPO(新規公開株)・保険・個人型年金・米国株(NYSE、NASDAQより選定)・中国株・韓国株等の金融商品を取り扱っています。

情報ツール

SBI証券には、有名な情報ツール「HYPER SBI(ハイパー エスビーアイ)」などがあります。完全リアルタイムの株価自動更新機能がついていますので、デイトレーダーにとって大変便利なサービスです。管理人は毎日使っています。

SBI証券トレードツール「HYPER SBI」サンプル画像

提携銀行(即時入金サービス等)及び振込手数料

銀行名 住信
SBI
楽天 ジャパン
ネット
スルガ
振込
手数料
○(無料) ○(無料) ○(無料) ○(無料)
銀行名 ゆうちょ 三菱東京
UFJ
三井住友 みずほ
振込
手数料
○(無料) ○(無料) ○(無料) ○(無料)
銀行名 セブン りそな 埼玉りそな 近畿大阪
振込
手数料
○(無料) ○(無料) ○(無料) ○(無料)
銀行名 イオン
 振込
手数料
 ○(無料)      
※赤文字は即時入金サービスがあります。
楽天・・・・楽天銀行「かんたん決済プラス」
ジャパンネット・・・・ジャパンネット銀行「リンク決済」
スルガ・・・・スルガ銀行「ネットデビット」
ゆうちょ・・・・ゆうちょダイレクト
三菱東京UFJ・・・・三菱東京UFJ銀行「三菱東京UFJダイレクト」
三井住友・・・・三井住友銀行「SMBCダイレクト」
みずほ・・・・みずほ銀行「スーパーデビット」
セブン・・・・セブン銀行「ネット決済サービス」
住信SBI・・・・住信SBIネット銀行「即時決済サービス」
りそな・・・りそな銀行ネット振込サービス
埼玉りそな・・・埼玉りそな銀行ネット振込サービス
近畿大阪・・・近畿大阪銀行ネット振込サービス
イオン・・・イオン銀行WEB即時決済サービス

入金サービス概要

銀行振込 即時入金サービス
振込
手数料
有料
(投資家負担)
無料(証券会社負担)
買付余力
への反映
入金確認後 即時
利用
可能時間
銀行ATMの
受付時間
平日ほぼ24時間
入金方法 銀行ATM等 インターネット
利用
開始手続
不要 各銀行口座・ネットバンキングサービス等の契約

SBI証券では、ジャパンネット銀行、スルガ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、セブン銀行、住信SBIネット銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行、イオン銀行の各銀行と提携しているので、即時入金サービスを利用すると振込手数料がかかりません。

また、出金は提携銀行を問わず、登録金融機関への出金は手数料がかかりません。

SBI証券を効率的に使うには、楽天銀行のほか各銀行で口座を持つことをおすすめします。

SBI証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

HYPER SBIの使い方 項目一覧

HYPER SBIとは? HYPER SBIとは、SBI証券が提供する高機能トレーディングツールです。投資に必要な情報収集や注文の発注…

ページ上部へ戻る