ワンショットといちにち定額、どちらがトクか?

新規口座開設でもらえる特典・プレゼント・キャンペーン

楽天証券新規口座開設キャンペーン

2017年3月31日までに、新規口座開設・各種対象商品の取引&エントリーすると、最大11万円相当の楽天ポイントがもらえます。

楽天証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

期間限定!もれなく楽天ポイントをプレゼント:楽天証券

楽天証券の手数料コースをもう一度チェック。

株式投資を始めたばかりの初心者の場合、取引回数は少なめです。しかし、売買に慣れるにつれ、回数が多くなります。そのときに迷うのが「手数料コース」の選択になります。


一般的に、売買回数が少ないほど「取引ごと手数料(楽天証券ではワンショットコースといいます)」が有利です。逆に、売買回数が多いほど「定額手数料(楽天証券ではいちにち定額コースといいます)」が有利です。

楽天証券の手数料コースの変更については、平日15時30分までに変更の手続きを行うと、翌営業日から変更後の手数料コースで取引できます(初期設定では「ワンショットコース」)。

取引を行う投資家にとって、売買手数料はできるだけ安い方がうれしいです。しかし、自分にとって、どれが最適かわからない。

どちらの手数料コースを選ぶのがトクになるのか?

楽天証券のワンショットコースといちにち定額コースを、いくつかのケースに分けて比較してみました。

デイトレード割引(デイ割・・日計り取引片道手数料無料)について

デイ割とは、楽天証券で「いちにち定額コース」を選択した場合、1日で取引を手仕舞う(売買を終了させる)デイトレード(日計り取引)をした際、返済手数料(初心者はおそらく売り注文)が無料となる割引プランです。

daywari001

上記の画像が一般的なサンプルです。当日に購入したA銘柄を当日中に売却した場合、売却の際に必要となる手数料が無料となります。

 

ワンショットと、いちにち定額を比較した結果は?

サンプルがかなり多いので、結論から先に紹介します。

結論

別々の銘柄なら1日に4回以上、デイ割を適用するなら2銘柄以上を往復売買すれば、いちにち定額コースが有利になります。

投資資金が100万円前後のデイトレーダーであれば、翌日に持ち越すなら1日4銘柄以上、デイ割を使って手仕舞うなら1日2銘柄以上を目安に取引すると、いちにち定額コースがトクになります。ご参考ください。

以下、ワンショットコースといちにち定額コースを比べたサンプル、及び手数料の一覧表になります。時間のある方はご覧ください。

 

ケース1、ある銘柄を1日に1回だけ売買した場合

ワンショットコースといちにち定額コースの手数料比較

取引金額 10万 20万 30万 50万
ワンショット 150 199 368 368
いちにち定額 463 463 463 463
取引金額 100万 150万 200万 300万
ワンショット 657 786 1,244 1,244
いちにち定額 926 2,160 2,160 3,240

※ピンク色の価格帯が有利な手数料コース

(結論)全ての取引金額でワンショットコースが有利

こちらの表は、ある銘柄を1回だけ売買した場合の比較を行っています。取引金10万円の銘柄の場合、20万円の銘柄の場合、30万円の場合・・・とそれぞれの取引金額で、ワンショットといちにち定額の手数料を比較しています。

このケースについては、あたりまえですが「ワンショットコースが全ての取引金額で有利」となります。

 

ケース2、同じ値段の2銘柄を1日に1回ずつ売買した場合

ワンショットコースといちにち定額コースの手数料比較

取引金額 10万
(5+5)
20万
(10+10)
30万
(15+15)
50万
(25+25)
ワンショット 300 300 398 736
いちにち定額 463 463 463 463
取引金額 100万
(50+50)
150万
(75+75)
200万
(100+100)
300万
(150+150)
ワンショット 736 1,314 1,314 1,572
いちにち定額 926 2,160 2,160 3,240

※ピンク色の価格帯が有利な手数料コース

(結論)ほとんどの取引金額でワンショットコースが有利。

こちらの表は、同じ値段の2銘柄を1日1回ずつ、計2回売買した場合の比較を行っています。取引金額10万円なら、ワンショット・いちにち定額ともに5万円の2銘柄を1回ずつ売買します。取引金額20万円なら10万円の2銘柄を1回ずつ売買、取引金額30万円なら15万円の2銘柄を1回ずつ売買・・・と比較しました。

このケースについては、「ワンショットコースがほとんどの取引金額で有利」となります。

一部、50万円の取引金額(25万円の2銘柄を購入した場合)で売買手数料の「割安さ」が逆転します。これはワンショットコースの手数料の変わり目で発生する現象です。

いずれにせよ、2銘柄を1回ずつ売買すると、ワンショットコースの手数料がほとんどの局面で有利という結論になります。

 

ケース3、同じ値段の3銘柄を1日に1回ずつ売買した場合

ワンショットコースといちにち定額コースの手数料比較

取引金額 10万
(3.3*3)
20万
(6.6*3)
30万
(10*3)
50万
(16*3)
ワンショット 450 450 450 597
いちにち定額 463 463 463 463
取引金額 100万
(33*3)
150万
(50*3)
200万
(67*3)
300万
(100*3)
ワンショット 1,104 1,104 1,971 1,971
いちにち定額 926 2,160 2,160 3,240

※ピンク色の価格帯が有利な手数料コース

(結論)いちにち定額が有利な取引金額が増えてきた。

こちらの表は、同じ値段の3銘柄を1日1回ずつ、計3回売買した場合の比較を行っています。取引金額10万円なら、ワンショット・いちにち定額ともに33333円の3銘柄を1回ずつ売買します。取引金額20万円なら66666円の3銘柄を1回ずつ売買、取引金額30万円なら10万円の3銘柄を1回ずつ売買・・・と比較しました。

このケースについては、「取引金額50万円~100万円でいちにち定額が有利」になります。正確には、30万円を超える取引金額から、いちにち定額コースを選択すると有利になります。

 

ケース4、同じ値段の4銘柄を1日に1回ずつ売買した場合

ワンショットコースといちにち定額コースの手数料比較

取引金額 10万
(2.5*4)
20万
(5*4)
30万
(7.5*4)
50万
(12.5*4)
ワンショット 600 600 600 796
いちにち定額 463 463 463 463
取引金額 100万
(25*4)
150万
(37.5*4)
200万
(50*4)
300万
(75*4)
ワンショット 1,472 1,472 1,472 2,628
いちにち定額 926 2,160 2,160 3,240

※ピンク色の価格帯が有利な手数料コース

(結論)取引金額が100万円までなら、いちにち定額コースが有利

こちらの表は、同じ値段の4銘柄を1日1回ずつ、計4回売買した場合の比較を行っています。取引金額10万円なら、ワンショット・いちにち定額ともに25000円の4銘柄を1回ずつ売買します。取引金額20万円なら5万円の4銘柄を1回ずつ売買、取引金額30万円なら75000円の4銘柄を1回ずつ売買・・・と比較しました。

このケースについては、「取引金額100万円までなら、いちにち定額が有利」になります。

 

ケース5、ある銘柄を同じ値段で1日に往復売買した場合

ワンショットコースといちにち定額コースの手数料比較

取引金額 10万
(5+5)
20万
(10+10)
30万
(15+15)
50万
(25+25)
ワンショット 300 300 398 736
いちにち定額 463 463 463 463
取引金額 100万
(50+50)
150万
(75+75)
200万
(100+100)
300万
(150+150)
ワンショット 736 1,314 1,314 1,572
いちにち定額 463 926 926 2,160

※ピンク色の価格帯が有利な手数料コース

(結論)デイ割の効果が出て、いちにち定額が有利になる場所が増加

こちらの表は、ある銘柄を同じ値段で1日に往復売買した場合の比較を行っています。取引金額10万円なら、ワンショット・いちにち定額ともに5万円の銘柄を1往復売買します。取引金額20万円なら10万円の銘柄を1往復売買・・・と比較しました。

このケースについては、上記「デイ割の効果が発揮され、取引金額が50万円から200万円までの、いちにち定額コースが有利に」なりました。

 

ケース6、ある2銘柄を同じ値段で1日に往復売買した場合

ワンショットコースといちにち定額コースの手数料比較

取引金額 10万
(2.5*4)
20万
(5*4)
30万
(7.5*4)
50万
(12.5*4)
ワンショット 600 600 600 796
いちにち定額 463 463 463 463
取引金額 100万
(25*4)
150万
(37.5*4)
200万
(50*4)
300万
(75*4)
ワンショット 1,472 1,472 1,472 2,628
いちにち定額 463 926 926 2,160

※ピンク色の価格帯が有利な手数料コース

(結論)デイ割の効果で、いちにち定額が有利になる場所がさらに拡大

こちらの表は、ある2銘柄を同じ値段で1日に往復売買した場合の比較を行っています。取引金額10万円なら、ワンショット・いちにち定額ともに5万円の2銘柄を1往復売買します。取引金額20万円なら10万円の2銘柄を1往復売買・・・と比較しました。

このケースについては、上記「デイ割の効果が発揮され、いちにち定額コースが有利な場所がさらに拡大」しました。

楽天証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

期間限定!もれなく楽天ポイントをプレゼント:楽天証券

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

HYPER SBIの使い方 項目一覧

HYPER SBIとは? HYPER SBIとは、SBI証券が提供する高機能トレーディングツールです。投資に必要な情報収集や注文の発注…

ページ上部へ戻る