楽天証券:マネーブリッジの自動入出金を設定するだけで200ポイントプレゼントキャンペーン!

マネーブリッジの自動入出金設定で200ポイントがもらえる!

楽天証券:マネーブリッジの自動入出金を設定するだけで200ポイントプレゼントキャンペーン!

キャンペーン期間中にエントリーし、マネーブリッジ(口座連携サービス)の自動入出金を設定すると、もれなく200ポイントがもらえます。

マネーブリッジの自動入出金を設定するだけで200ポイントプレゼントキャンペーン!詳細

キャンペーン期間(自動入出金(スイープ設定))

・2018年11月1日(木)10時から2018年12月28日(金)9時59分まで

キャンペーン内容

キャンペーン期間中にエントリーし、以下の条件を満たすと、200ポイントをもれなくプレゼント!

2017年2月17日までに証券口座および銀行口座を持つ方でマネーブリッジを設定していない投資家

・キャンペーン期間内に、マネーブリッジの申し込みをして2018年12月28日(金)時点で、自動入出金(スイープ)を設定している

2017年2月17日までにマネーブリッジを設定している投資家

・キャンペーン期間中に、自動入出金(スイープ)設定をして、2018年12月28日(金)時点で、自動入出金(スイープ)を設定している

ポイント付与時期

・2019年2月下旬予定

自動入出金(スイープ)のメリット

マネーブリッジとは、楽天証券と楽天銀行との口座連携サービスのことです。

証券口座の資金が銀行口座に自動出金され、優遇金利が自動的に適用される!

楽天証券:マネーブリッジの自動入出金を設定するだけで200ポイントプレゼントキャンペーン!

マネーブリッジの優遇金利は銀行預金に適用されます。

また、証券口座の資金が、毎営業日夜間に楽天銀行へ自動出金されるため、銀行口座への資金移動なく優遇金利で運用されます。

注文時に入金の手間がかからない!

楽天証券:マネーブリッジの自動入出金を設定するだけで200ポイントプレゼントキャンペーン!

楽天証券で買い注文を行うときに、証券口座が資金不足でも楽天銀行から自動入金されて取引がスムーズになります。

もちろん、口座間の入出金手数料は無料です。

生活資金と投資資金を分けて管理できる!

楽天証券:マネーブリッジの自動入出金を設定するだけで200ポイントプレゼントキャンペーン!

楽天銀行口座から楽天証券口座への自動入金の際に、あらかじめ楽天銀行口座に残す金額を設定し、一定金額をとどめておくことができます。

楽天銀行で公共料金やクレジットカード料金など、毎月自動引き落としを行っている投資家でも安心して利用することができます。

キャンペーン対象者を確認しよう!

このキャンペーンは、楽天証券の証券口座と楽天銀行の銀行口座の両方を保有する投資家が対象になります。

もし、どちらか一方の口座を持っていない、もしくは、どちらの口座も持っていない方は、別のキャンペーンが適用されます。

楽天証券:銀行口座開設と自動入出金で現金1,000円プレゼントキャンペーン

同時開催で現金プレゼントキャンペーンが行われています。こちらをご活用ください。

200ポイントプレゼントキャンペーンの申込み手続きについて

キャンペーンの対象を確認しよう!

今回のキャンペーンは、マネーブリッジと自動入出金の設定の有無で申し込みボタンが異なります。

(1)マネーブリッジを設定していない・・・オレンジのボタン(楽天銀行へログイン)
(2)マネーブリッジを設定しているが、自動入出金は設定していない・・・ブルーのボタン(楽天証券へログイン)

(1)と(2)のどちらに該当するか確認してください。

楽天証券:マネーブリッジの自動入出金を設定するだけで200ポイントプレゼントキャンペーン!

キャンペーンにエントリーしよう!

マネーブリッジの自動入出金の設定だけでなく、キャンペーンにもエントリーしましょう。キャンペーンページから、「キャンペーンエントリーはこちら」のボタンをクリックして、エントリーを完了してください。

楽天証券:マネーブリッジの自動入出金を設定するだけで200ポイントプレゼントキャンペーン!

なお、マネーブリッジの自動入出金設定と、キャンペーンのエントリーは、どちらが先でも大丈夫です。

まとめ

マネーブリッジの自動入出金を設定するだけで200ポイントプレゼントキャンペーンは、

・キャンペーンにエントリーが必要なこと
・自動入出金の設定状況で申し込み方法が異なること
・楽天証券と楽天銀行の両方の口座を持つ投資家が対象であること

この3つがポイントです。

楽天証券・楽天銀行の口座連携サービスを使ってみたい方は、このキャンペーンを活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 株式投資を始めたばかりの投資家は、取引回数が少ないです。しかし、経験を積むごとに回数が徐々に増…

ページ上部へ戻る