楽天証券【国内株式】夏の信用取引応援キャンペーン!

楽天証券で信用取引を行うと、取引手数料が88%キャッシュバック!

楽天証券【国内株式】夏の信用取引応援キャンペーン!

キャンペーン期間中にエントリーし、一般信用取引「短期」の新規建て取引を行うと、取引手数料の88%がキャッシュバックされます。

楽天証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

信用取引手数料(税込)88%キャッシュバック!楽天証券

【国内株式】夏の信用取引応援キャンペーン詳細

キャンペーン期間

エントリー期間

・2018年6月1日(金)から6月29日(金)まで

取引期間

・2018年6月1日(金)から6月29日(金)約定分まで

キャンペーン内容

キャンペーン期間中にエントリーし、一般信用取引「短期(14日)」の新規建て取引を行うと、街頭取引の取引手数料が88%キャッシュバックされる。

キャンペーン対象者

(1)キャンペーンにエントリーした投資家
(2)キャンペーン期間中に一般信用取引「短期」の新規建て取引を行った投資家

※取引とエントリーの順番は問わない。

※返済注文、現引き・現渡のみの投資家は対象外となる。

キャッシュバック時期

・2018年7月中旬発送予定

つなぎ売りの仕組みについて

現物取引の買い注文と信用取引の売り注文を組み合わせる「つなぎ売り」を活用すると、株価の下落リスクを抑えて、株主優待のみを獲得することができます。

つなぎ売りのサンプル

楽天証券「つなぎ売り」

・現物取引の買い・・・(80円-100円)×1,000株=20,000円の損失
・信用取引の空売り・・・(100円-80円)×1,000株=20,000円の利益
・差し引き・・・0円(相殺)

例えば、株価100円の銘柄を現物で購入し、合わせて信用取引の空売りを行います。

株価が100円から80円に値下がりすると、現物取引では2万円の損失、信用取引では2万円の利益となります。

両方の取引を相殺すると、差し引き0円でプラスマイナスゼロになります。もちろん、別途手数料が発生するので、この取引では手数料の分だけマイナスになります。

株主優待のタダ取りを行うとき、この手法がよく用いられます。手数料分のコストより株主優待の換金価値が多ければ、トータルで儲かります。

楽天証券のキャンペーンでは、手数料をキャッシュバックしてくれるので、コストの節約をサポートしてくれます。

株主優待銘柄のスケジュールについて

キャンペーン期間が6月になるため、6月の株主優待銘柄を取引するときに役立ちます。

6月15日(金)権利付最終日の銘柄

・6月4日(月)銘柄発表、6月5日(火)19時より注文可能

6月26日(火)権利付最終日の銘柄

・6月11日(月)銘柄発表、6月14日(木)19時より注文可能

6月の優待銘柄は、15日が権利付最終日になるもの、26日が権利付最終日になるもの、の2種類があります。スケジュールはご覧の通りです。

それぞれ、つなぎ売りができる銘柄の発表と注文可能日が異なります。

株主優待銘柄の探し方について

楽天証券で株主優待銘柄と探すときは、専用ページを活用します。「ログイン」→「国内株式」→「株主優待」と進むと移動できます。

・「ログイン」→「国内株式」→「株主優待」

楽天証券にログインし、「国内株式」「株主優待」を順番にクリックします。

楽天証券「国内株式」

「株主優待検索」を使うと、株主優待銘柄を探すことができます。直近の優待銘柄を探すときは「注目銘柄」の項目をチェックすると便利です。

ただし、今回のキャンペーンは、信用取引の対象期間が設定されています。キャンペーン期間内に取引できるように、「6月」を選択し、「つなぎ売りモード」を選択してください。

楽天証券「株主優待」

管理人が調べたときは107銘柄ヒットしました。「一般売建」が「○」になっている銘柄を取引すると、手数料がキャッシュバックされます。

まとめ

楽天証券の夏の信用取引応援キャンペーンは、

・エントリーが必要であること
・一般信用取引「短期(14日)」新規建て取引が対象であること
・優待銘柄のタダ取りを行うときは、6月優待銘柄を狙うこと

この3つがポイントです。

楽天証券で信用取引を始める予定の方は、このキャンペーンを活用してみてはいかがでしょうか。

楽天証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

信用取引手数料(税込)88%キャッシュバック!楽天証券

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 株式投資を始めたばかりの投資家は、取引回数が少ないです。しかし、経験を積むごとに回数が徐々に増…

ページ上部へ戻る