取引ごと手数料と1日定額手数料のどちらがトクか?

新規口座開設でもらえる特典・プレゼント・キャンペーン

マネックス証券の新規口座開設で手数料キャッシュバック

キャンペーンコードを入力して新規口座開設すると、申込日の翌月末までの現物取引買付手数料(日本株)と投資信託の購入手数料全額キャッシュバック(上限なし)されます。

同時期に信用取引のキャンペーンも行っているため、「現物取引・信用取引」両方の手数料がキャッシュバックされます。

マネックス証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

おトクな新規口座開設キャンペーン開催中!マネックス証券

マネックス証券の手数料コースを確認しよう

マネックス証券の手数料コースには、1回の取引ごとに手数料が必要な「取引ごと手数料コース」と、1日分の合計取引金額に応じて手数料が必要な「1日定額手数料コース」の2種類があります。

一般的に、取引回数が少ない投資家は「取引ごと手数料」が有利になり、多くなるほど「1日定額手数料」が有利になります。

では、何回取引すると定額手数料が有利になるのか?

マネックス証券の取引ごと手数料と1日定額手数料を、いくつかのケースに分けて比較してみました。

取引ごと手数料でも、携帯電話(スマホアプリ)を使うと手数料が安くなる!

取引ごと手数料コースの詳細(税抜)

取引金額 パソコン 携帯
スマホアプリ
10万円以下 100円
20万円以下 180円
30万円以下 250円
40万円以下 350円
50万円以下 450円
100万円以下 (成行注文)
1,000円
(指値注文)
1,500円
取引金額の0.1%
100万円超 (成行注文)
取引金額の0.1%
(指値注文)
取引金額の0.15%

取引ごと手数料コースの一覧表です。取引金額が50万円を超えると、携帯電話およびスマホアプリ経由で注文で手数料が安くなります

例えば、60万円の取引を行うと、パソコンで注文すれば、成行注文が1,000円、指値注文が1,500円の手数料です。

携帯電話およびスマホアプリで注文すれば、成行注文および指値注文ともに600円になります。

外出先で取引するときにパソコンを起動させるのは大変ですから、携帯電話およびスマホアプリを用意すると便利です。

1日定額手数料コースは、中上級者ほどオトクになる!

1日定額手数料コースの詳細(税抜)

取引金額 手数料
300万円まで 1日何回取引しても2,500円
600万円まで 1日何回取引しても5,000円
以降、300万円増加ごとに 2,500円ずつ増加

1日定額手数料コースの一覧表です。1日の取引合計金額が300万円まで、何回取引しても2,500円(税抜)です。

さらに、同じ銘柄を売買したときは、片道分(売り注文)の手数料が実質無料になります。先に手数料分の現金が必要ですが、片道分の手数料がマネックスポイント(1ポイント=1円)で帰ってきます。マネックスポイントは翌営業日以降に使えるようになるので、実質無料となります。

デイトレーダーのように、たくさんの取引を行う人ほどオトクになる手数料コースです。

取引ごと手数料コースと1日定額手数料コースを比較した結果は?

サンプルが多いので、結論から先に紹介します。

結論

1日1回だけ売買する投資家

取引金額250万円以下なら取引ごと手数料コースが有利になります。

マネックス証券の1日定額手数料コースは、何回取引しても、取引金額300万円まで一律2,500円(税抜)です。

一方、取引ごと手数料コースは取引金額が増えるごとに手数料も値上がりします。取引ごと手数料コースが1日定額手数料コースを上回るのは、取引金額が250万円を超えるときです。

最近、各企業の投資資金が安くなっているので、1銘柄で250万円を超える銘柄はほとんどありません。取引ごと手数料コースを選ぶと良いでしょう。

もし、250万円を超える銘柄(300万円以下)を買うときは、1日定額手数料コースをおすすめします。

1日2回以上売買する投資家

50万円以下の銘柄を選ぶと取引ごと手数料コースが有利になります。

取引ごと手数料コースの手数料は、取引金額が50万円を超えると大幅に値上がりします(450円→1,000円)。手数料を節約したいときは、取引ごと手数料コースを選んで、50万円以下の銘柄を売買すると良いでしょう。

ケース1、ある銘柄を1日に1回だけ売買した場合

取引ごと手数料コースと1日定額手数料コースの比較(税抜)

取引金額 10万 20万 30万 50万
取引ごと手数料 100 180 250 450
1日定額手数料 2,500 2,500 2,500 2,500
取引金額 100万 150万 200万 300万
取引ごと手数料 1,000 1,500 2,000 3,000
1日定額手数料 2,500 2,500 2,500 2,500

※ピンク色の価格帯が有利な手数料コース、取引ごと手数料は成行注文

(結論)250万円以下の注文なら取引ごと手数料コースが有利

こちらの一覧表は、ある銘柄を1回だけ売買した場合の比較を行っています。取引ごと手数料は成行注文を行ったと仮定します。

取引金額が10万円までの銘柄、20万円までの銘柄、30万円までの銘柄・・・と、それぞれの取引金額で、取引ごと手数料と1日定額手数料を比較しています。

マネックス証券の場合、取引金額が250万円以下の銘柄を売買するときは、取引ごと手数料コースを使うと有利になります。250万円を超えるなら、1日定額手数料コースを選ぶと有利です。

ケース2、同じ値段の2銘柄を1日に1回ずつ売買した場合

取引ごと手数料コースと1日定額手数料コースの比較(税抜)

取引金額 10万
(5+5)
20万
(10+10)
30万
(15+15)
50万
(25+25)
取引ごと手数料 200 200 360 500
1日定額手数料 2,500 2,500 2,500 2,500
取引金額 100万
(50+50)
150万
(75+75)
200万
(100+100)
300万
(150+150)
取引ごと手数料 900 2,000 2,000 3,000
1日定額手数料 2,500 2,500 2,500 2,500

※ピンク色の価格帯が有利な手数料コース、取引ごと手数料は成行注文

(結論)125万円以下の注文なら取引ごと手数料コースが有利

こちらの一覧表は、同じ値段の2銘柄を1日1回ずつ、計2回売買した場合の比較です。

取引金額10万円なら、取引ごと手数料コース・1日定額手数料コースともに5万円の2銘柄を1回ずつ売買します。

取引金額20万円なら10万円の2銘柄を1回ずつ売買、取引金額30万円なら15万円の2銘柄を1回ずつ売買・・・と比較しました。

このケースについては、125万円未満なら取引ごと手数料コース、125万円超なら1日定額手数料コースが有利となります。

ケース3、同じ値段の3銘柄を1日に1回ずつ売買した場合

取引ごと手数料コースと1日定額手数料コースの比較(税抜)

取引金額 10万
(3.3×3)
20万
(6.6×3)
30万
(10×3)
50万
(16×3)
取引ごと手数料 300 300 300 540
1日定額手数料 2,500 2,500 2,500 2,500
取引金額 100万
(33×3)
150万
(50×3)
200万
(66×3)
300万
(100×3)
取引ごと手数料 1,050 1,350 3,000 3,000
1日定額手数料 2,500 2,500 2,500 2,500

※ピンク色の価格帯が有利な手数料コース、取引ごと手数料は成行注文

(結論)50万円までなら取引ごと手数料コースが有利

こちらの一覧表は、同じ値段の3銘柄を1日1回ずつ、計3回売買した場合の比較です。

取引金額10万円なら、取引ごと手数料コース・1日定額手数料コースともに33,333円の3銘柄を1回ずつ売買します。

取引金額20万円なら、66,666円の3銘柄を1回ずつ売買、取引金額30万円なら10銘柄の3銘柄を1回ずつ売買・・・です。

このケースについては、取引金額50万円まで取引ごと手数料コースを選ぶと有利になります。

ケース4、同じ値段の4銘柄を1日に1回ずつ売買した場合

取引ごと手数料コースと1日定額手数料コースの比較(税抜)

取引金額 10万
(2.5×4)
20万
(5×4)
30万
(7.5×4)
50万
(12.5×4)
取引ごと手数料 400 400 400 720
1日定額手数料 2,500 2,500 2,500 2,500
取引金額 100万
(25×4)
150万
(37.5×4)
200万
(50×4)
300万
(75×4)
取引ごと手数料 1,000 1,400 1,800 4,000
1日定額手数料 2,500 2,500 2,500 2,500

※ピンク色の価格帯が有利な手数料コース、取引ごと手数料は成行注文

(結論)50万円までなら取引ごと手数料コースが有利

こちらの一覧表は、同じ値段の4銘柄を1日1回ずつ、計4回売買した場合の比較です。

取引金額10万円なら、取引ごと手数料コース・1日定額手数料コースともに25,000円の4銘柄を1回ずつ売買します。

取引金額20万円なら5万円の4銘柄を1回ずつ売買、取引金額30万円なら75,000円の4銘柄を1回ずつ売買・・・です。

このケースについてもケース3と同じく、取引金額50万円まで取引ごと手数料コースを選ぶと有利になります。

マネックス証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

初心者向け。おトクな新規口座開設キャンペーン開催中!マネックス証券

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 株式投資を始めたばかりの投資家は、取引回数が少ないです。しかし、経験を積むごとに回数が徐々に増…

ページ上部へ戻る