マネックス証券【米国株】ロボETF売買手数料キャッシュバックキャンペーン!

マネックス証券で始めると、ロボETFの売買手数料が全額キャッシュバック!

マネックス証券【米国株】ロボETF売買手数料キャッシュバックキャンペーン!

キャンペーン期間中に、対象ETFを取引すると、売買手数料が全額キャッシュバックされます。

マネックス証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

【米国株】ロボETF売買手数料全額キャッシュバック!マネックス証券

マネックス証券:ロボETF売買手数料キャッシュバックキャンペーン詳細

キャンペーン期間

・2018年6月1日(金)から7月31日(火)まで(現地約定日ベース)

キャンペーン対象者

期間中に対象商品の取引(売買)を行った投資家

キャンペーン内容

対象ETFの取引にかかる売買手数料(税抜)を、全額キャッシュバック。

キャッシュバック対象商品

・ロボ・グローバル ロボティクス・アンド・オートメーション・インデックスETF

キャッシュバック時期

対象商品の取引を行った日の翌月末までに、米ドルで外国株取引口座へ入金される。

ロボETF売買手数料キャッシュバックキャンペーンについて

ロボETFとは何か?

ロボ・グローバル ロボティクス・アンド・オートメーション・インデックスETFとは、ROBO Global社が提供する、ロボティクス、およびオートメーション関連企業に特化して投資するETFです。

世界14ヶ国・80社以上の企業に投資しています。

業種別構成比率について

応用分野に49%、技術分野に51%に投資されています。

応用分野には、製造業・ヘルスケア・物流オートメーション・食品農業・エネルギー・3Dプリンティング・監視セキュリティ・消費財などが含まれ、技術分野には、計算処理AI・機械動作・センサー・インテグレーションなどの各企業が含まれています。

組入上位銘柄について

世界各国の関連銘柄に投資されています。

組入上位銘柄の中にある日本企業は、ファナック・キーエンス・安川電機・ダイフク・オムロンなど、有名企業が多く含まれます。

手数料無料と手数料キャッシュバックの違いについて

間違えやすいのが「手数料無料と手数料キャッシュバックの違い」です。

手数料無料の場合、売買の時に手数料がかかりません。「銘柄×株数」の投資資金を用意するだけで注文することが可能です。

一方、手数料キャッシュバックでは、売買の時に、手数料に相当する金額が必要になります。「銘柄×株数」の投資資金に加えて、手数料を合わせて支払います。

後日、支払った手数料がまとめて返金されます。

今回のキャンペーンは、後者に該当します。キャンペーン中に支払った手数料は、取引を行った日の翌月末までに投資家の外国株取引口座へ米ドルで入金されます。

まとめ

マネックス証券のロボETF売買手数料キャッシュバックキャンペーンは、

・ロボETFの売買手数料がキャッシュバックされること
・キャッシュバックの現金は、投資家の外国株取引口座へ米ドルで入金されること

この2つがポイントです。

マネックス証券で海外ETFの取引を始めたい方は、このキャンペーンを活用してみてはいかがでしょうか。

マネックス証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

【米国株】ロボETF売買手数料全額キャッシュバック!マネックス証券

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 株式投資を始めたばかりの投資家は、取引回数が少ないです。しかし、経験を積むごとに回数が徐々に増…

ページ上部へ戻る