マネックス証券:新規口座開設デビュー応援プログラム

マネックス証券で口座開設すると、日本株と投資信託の購入手数料が実質無料になる!

マネックス証券の新規口座開設で手数料キャッシュバック

マネックス証券で新規口座開設すると、日本株の現物株式買付手数料と投資信託買付時の申込手数料が、全額キャッシュバックされます。

マネックス証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

新規口座開設で購入手数料全額キャッシュバック!マネックス証券

マネックス証券:新規口座開設デビュー応援プログラム詳細

キャンペーン期間

・2018年4月1日から

キャンペーン内容

マネックス証券で新規口座開設し、エントリーすると、口座開設申込日の翌月末まで、日本株現物取引の買付(約定ベース)、投資信託の買付(約定ベース)に係る手数料が全額キャッシュバックされる。

キャンペーン対象取引

・日本株(現物)、ETF、REIT、投資信託

※日本株(信用取引)、外国株式、海外ETF、外国籍投資信託、外貨建てMMFは対象外となる

キャッシュバック時期

・申込月の翌々月下旬に、投資家の証券口座へ入金される

新規口座開設デビュー応援プログラムの活用方法について

キャンペーンコードの入力を忘れないようにしよう!

今回のキャンペーンは、口座開設申込時に、キャンペーンコードの入力が必要です。

マネックス証券:新規口座開設デビュー応援プログラム

口座開設申込みフォームのキャンペーンコード欄に「2018」を入力し、申し込んでください。

キャンペーンのキャッシュバック期間を確認しよう!

口座開設月の違いによって、キャッシュバックの対象期間と、キャッシュバック時期が異なります。

マネックス証券:新規口座開設デビュー応援プログラム

例えば、2018年4月に口座開設申し込みを行った場合と、5月に申し込みを行った場合は次のようになります。

キャッシュバック
対象期間
キャッシュバック
時期
2018年4月
口座開設申し込み
口座開設から
2018年5月末まで
2018年6月下旬
キャッシュバック
2018年5月
口座開設申し込み
口座開設から
2018年6月末まで
2018年7月下旬
キャッシュバック

2018年4月に口座を申し込んだ投資家は、2018年4月から5月末までの最大2ヶ月間がキャッシュバック対象期間となります。キャッシュバックの現金は、2018年6月下旬に投資家の証券口座へ入金されます。

また、2018年5月に口座を申し込んだ投資家は、2018年5月から6月末までの最大2ヶ月間がキャッシュバック対象期間となります。キャッシュバックの現金は、2018年7月下旬に投資家の証券口座へ入金されます。

どちらの場合も、キャッシュバック金額に上限がないため、購入回数の多い投資家ほどトクになります。

手数料無料と手数料キャッシュバックの違いを理解しよう!

間違えやすいのが「手数料無料と手数料キャッシュバックの違い」です。

手数料無料の場合、購入時または売却時に手数料がかかりません。「銘柄×株数」の投資資金を用意するだけで注文することが可能です。

一方、手数料キャッシュバックでは、購入時または売却時に、手数料に相当する金額が必要になります。「銘柄×株数」の投資資金に加えて、取引手数料を合わせて支払います。

後日、支払った取引手数料がまとめて返金されます。

今回のキャンペーンは、後者に該当します。キャンペーン中に支払った手数料(購入手数料)は、投資家の証券口座へ入金されます。

まとめ

マネックス証券の新規口座開設デビュー応援プログラムキャンペーンは、

・日本株(現物)と投資信託の購入手数料がキャッシュバック対象であること
・口座開設申し込み時にキャンペーンコードの入力が必要なこと
・口座開設申し込みの時期によって、キャッシュバック期間が異なること

この3つがポイントです。

マネックス証券で株式投資を始める予定の方は、このキャンペーンを活用してみてはいかがでしょうか。

マネックス証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

新規口座開設で購入手数料全額キャッシュバック!マネックス証券

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

HYPER SBIの使い方 項目一覧

HYPER SBIとは? HYPER SBIとは、SBI証券が提供する高機能トレーディングツールです。投資に必要な情報収集や注文の発注…

ページ上部へ戻る