東証によるTOB報道

大阪証券取引所(8697)投資データ

社名(コード番号) 大阪証券取引所(8697)
上場 大証ジャスダック(当時)
業種 その他金融業
決算期 3月

要因

7月5日、東京証券取引所は大阪証券取引所に対して、TOB(株式公開買い付け)による買収を提案していると報道。同日、上場する大証(8697)と大証金(8512)の株価が急騰した。

株価変動のきっかけ

対処の方法

TOBによる企業買収が、メディアに先行報道されたケース。一般的には、(1)報道直後の急騰、(2)正式発表後のTOB価格にサヤ寄せ、という二段階の株価変動が発生する。

(1)の期間は思惑的な取引が活発になるため、短期投資に徹したい。正式発表まで時間がかかると、株価は徐々に値下がりする傾向にある。

(2)は、正式発表からサヤ寄せするまでがポイント。値上がりする場合(株価<TOB価格)は、買い注文が殺到するため、比例配分を見越した取引を行う。

逆に、値下がりする場合(株価>TOB価格)は、絶対に近づかない。

大阪証券取引所時系列データ

日付 始値 高値 安値 終値 出来高
7/4
(報道前)
363,000 363,500 359,500 361,000 396
7/5
(報道後)
396,000 398,000 383,000 390,000 7,044
7/6 390,500 400,500 386,500 400,000 3,641

株価の動き(気配値・5分足チャート)・・ハイパーSBI

日足チャートはSBI証券「ハイパーSBI」。

(7月5日)396000円、398000円、383000円、390000円、7044株

8697-20110705-5m
TOB報道により、買い気配で始まる。9時12分に39万6000円で寄り付き。13分に38万3000円の安値。10時46分に39万8000円の高値。
出来高は7044株。出来高急増。
買い注文が殺到して急騰するも、その後、横ばい。正式発表待ち。

(7月6日)390500円、400500円、386500円、400000円、3641株

8697-20110706-5m
前日比500円高の39万500円で寄り付き。9時12分に38万6500円の安値。15時8分に40万500円の高値。
出来高は3641株。出来高減少。
前日の高値を超える。買いの勢い持続。

まとめ

8697-201106-08
右側の画像は、2011年6月から8月15日までの日足チャート。黄枠が報道直後の株価。
報道直後は、株価が急騰し横ばいが続くも、徐々に失速。8月に入り、日本市場全体の失速に合わせて、株価も下落した。
右端の急騰は、別の報道がきっかけ。

株価変動のきっかけ一覧へ戻る

ネット証券キャンペーン情報

個人型確定拠出年金(イデコ)で節税&積み立て。SBI証券楽天証券マネックス証券が人気です。

新規口座開設でもらえる特典・プレゼント・キャンペーン・・まだ間に合うキャンペーン情報。新規口座開設で現金やポイントなどをプレゼント。

SBI証券・・・お得なキャンペーン開催中。オンライントレード口座開設数No.1、トレーディングツール「HYPER SBI」

ライブスター証券・・株式(現物・信用)、日経225先物・mini、オプション取引の手数料無料[0円]キャンペーン開催中!

マネックス証券・・・新規口座開設キャンペーン。手数料キャッシュバック!

楽天証券・・・取引ツール「マーケットスピード」が人気。キャンペーン開催中。楽天ポイントをプレゼント。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 株式投資を始めたばかりの投資家は、取引回数が少ないです。しかし、経験を積むごとに回数が徐々に増…

ページ上部へ戻る