関西アーバン銀行とみなと銀行、近畿大阪銀行の経営統合報道

みなと銀行(8543)投資データ

社名(コード番号) みなと銀行(8543)
上場 東証1部
業種 銀行業
決算期 3月

(2月20日18:00)当行に関する一部報道について

要因

2月20日後場、東証1部上場の関西アーバン銀行(8545)とみなと銀行(8543)、近畿大阪銀行(非上場)の経営統合が報道される。この結果、それぞれの株価が上昇した。

株価変動のきっかけ

対処の方法

地銀の再編に関するニュース。正式発表ではないため、思惑的な取引が行われる。

経営統合の場合、両社の株価は統合比率にサヤ寄せするように変動する。しかし、現段階で統合比率が未定のため、株価の動きは不規則になりやすい。

ただし、TOBが関係すると、TOB価格を想定した値段に株価がサヤ寄せする可能性もある。

報道後に正式発表がない状態でフェードアウトすると、株価も発表前の水準に戻ることが多い。

3月初旬に正式発表があるとのこと。発表前に続報が出ると思われる。短期投資は株価変動を狙う。株主は正式発表待ち。

みなと銀行と関西アーバン銀行の時系列データ

日付 関西アーバン
(8545)
みなと銀行
(8543)
比率
2/17
(前)
1,506 2,210 1.47
2/20
(後)
1,579 2,438 1.54
2/21 1,569 2,360 1.50
2/22  1,566  2,343 1.50

※前・・・報道前、後・・・報道後、比率・・・関西アーバン銀行を「1」とした場合の比率

株価の動き(気配値・5分足チャート)

チャートはSBI証券「HYPER SBI」。

(みなと銀行日足チャート)

みなと銀行(8543)2017年2月日足チャート
2月20日後場、経営統合が報道される。その結果、両行の株価が急騰。東証は、14時49分から終日売買停止にする。
21日以降、株価下落。経営統合報道前の水準まで戻る。
出来高も徐々に減少し、落ち着きを取り戻す。が、正式発表まで思惑的な取引は続く見込み。

株価変動のきっかけ一覧へ戻る

ネット証券キャンペーン情報

新規口座開設でもらえる特典・プレゼント・キャンペーン・・まだ間に合うキャンペーン情報。新規口座開設で現金・ポイントをプレゼント。

SBI証券・・・口座開設と取引で現金プレゼント。オンライントレード口座開設数No.1、トレーディングツール「HYPER SBI」

ライブスター証券・・株式(現物・信用)、日経225先物・mini、オプション取引の手数料無料[0円]キャンペーン開催中!

マネックス証券・・・新規口座開設キャンペーン。現金をプレゼント!

楽天証券・・・手数料は業界最低水準。キャンペーン開催中。楽天ポイントをプレゼント。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

HYPER SBIの使い方 項目一覧

HYPER SBIとは? HYPER SBIとは、SBI証券が提供する高機能トレーディングツールです。投資に必要な情報収集や注文の発注…

ページ上部へ戻る