日立と三菱重工の経営統合報道

三菱重工業(7011)投資データ

社名(コード番号) 三菱重工業(7011)
上場 東京証券取引所第1部
業種 機械
決算期 3月

(8月4日17:00)平成24年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

(8月4日15:30)日立製作所、三菱電機、三菱重工業の水力発電システム事業の会社分割によるエイチエム水力への承継に係る吸収分割契約の締結に関するお知らせ

(8月4日9:00)本日の一部報道について

要因

8月4日、日立(6501)と三菱重工業(7011)が、経営統合に向けた協議に入ると報道。同日、日立と三菱重工の株価が上昇した。

株価変動のきっかけ

対処の方法

両社の経営統合が、メディアに報道されたケース。一般的には、(1)報道直後の上昇、(2)正式発表後の比率にサヤ寄せ、という二段階の株価変動が発生する。

(1)の期間は思惑的な取引が活発になるため、短期投資に徹したい。正式発表まで時間がかかると、株価は徐々に値下がりする傾向にある。

(2)は、比率(「1:2」など)が発表された場合、その比率に応じた水準まで、株価が上昇または下落する。ただし、TOBと異なり、一方的な上昇(または下落)となりにくいため、取引による利益は小さくなりやすい。

なお、経営統合の正式発表の際に比率が出てこないケースが存在する。

また、経営統合“そのもの”が一向に発表されないケースも存在する。

三菱重工業時系列データ

日付 始値 高値 安値 終値 出来高
8/3
(報道前)
351 352 348 349 13,266,000
8/4
(報道後)
365 368 358 361 67,792,000
8/5 345 357 343 355 45,807,000
8/8 349 354 341 347 31,927,000

株価の動き(気配値・5分足チャート)・・ハイパーSBI

日足チャートはSBI証券「ハイパーSBI」。

(8月4日)365円、368円、358円、361円、67792000株

7011-20110804-5m
経営統合報道により、8月20分から売買停止。9時16分から再開。19分に365円で寄り付き。22分に368円の高値。12時49分に358円の安値。
出来高は6779万2000株。出来高急増。
売買再開から高く始まるも、後場から、やや失速。正式発表(夕方を予定)の期待から、株価は膠着状態に。

株価変動のきっかけ一覧へ戻る

ネット証券キャンペーン情報

個人型確定拠出年金(イデコ)で節税&積み立て。SBI証券楽天証券マネックス証券が人気です。

新規口座開設でもらえる特典・プレゼント・キャンペーン・・まだ間に合うキャンペーン情報。新規口座開設で現金やポイントなどをプレゼント。

SBI証券・・・お得なキャンペーン開催中。オンライントレード口座開設数No.1、トレーディングツール「HYPER SBI」

ライブスター証券・・株式(現物・信用)、日経225先物・mini、オプション取引の手数料無料[0円]キャンペーン開催中!

マネックス証券・・・新規口座開設キャンペーン。手数料キャッシュバック!

楽天証券・・・取引ツール「マーケットスピード」が人気。キャンペーン開催中。楽天ポイントをプレゼント。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 株式投資を始めたばかりの投資家は、取引回数が少ないです。しかし、経験を積むごとに回数が徐々に増…

ページ上部へ戻る