IPO投資に参加する

IPO投資(新規上場・新規公開株)に参加する

IPO(アイ・ピー・オー)、新規公開株とは、未上場の企業が、新しく証券取引所に上場する場合に、新株を発行したり、売出したりする株式を指します。


新規公開株は、上場直後に株価が急騰しやすいことから、プラチナチケットになることがあります。そのため、個人投資家の中で注目の投資法(IPO投資)として確立しています。

このページでは、IPO投資に参加できるネット証券を紹介します。

IPO投資ができる主なネット証券

証券会社 抽選方法
SBI証券
おすすめ
70%・・・コンピューターによる公平な抽選
30%・・・IPOチャレンジポイントによる方法
マネックス証券 コンピューターによる公平な抽選
SMBC日興証券 コンピューターによる公平な抽選

SBI証券・マネックス証券・SMBC日興証券を抑える

IPO投資に参加し、プラチナチケットをゲットするには、SBI証券マネックス証券SMBC日興証券の3社の口座を持っておきたいです。

この3つでかなりの数のIPOをカバーできます。特にSBI証券はIPOの取扱件数が多いのでオススメです。

IPOの抽選方法はコンピューターによる抽選と、IPOチャレンジポイントが適用される抽選方法の2通りです。

コンピューターによる公平な抽選は、取引実績や資産状況などに関係なく、申し込んだ投資家が公平に当選する可能性がある仕組みとなっています。

IPOチャレンジポイントは、抽選に外れるごとに1ポイント貯まり、次回の抽選でポイント使うほど当選確率が上がる仕組みとなっています。

効率的に当選するなら、3社に投資資金を分散するのがおすすめです。マネックス証券とSMBC日興証券で申し込みを続けて、SBI証券でIPOチャレンジポイントを貯める。人気の高いプラチナチケットが出そうなときは、貯まったIPOチャレンジポイントを使ってSBI証券で申し込む。

ネット証券を上手に使い分けることで、当選確率が上がると思います。

直近のIPOの取り扱いがある主なネット証券

日付 IPO(コード)
公開価格
SBI
証券
マネックス
証券
SMBC
日興証券
12/21 ポート
(7047)
12/21 自律制御システム研究所
(6232)
12/21 EduLab
(4427)
12/20 AmidAホールディングス
(7671)
12/20 Amazia
(4424)
12/19 Kudan
(4425)
12/19 ソフトバンク
(9434)
12/18 テクノスデータサイエンス・エンジニアリング
(7046)
12/18 田中建設工業
(1450)
12/17 グッドライフカンパニー
(2970)
12/17 ツクイスタッフ
(7045)
12/13 オーウエル
(7670)
12/13 FUJIジャパン
(1449)
12/12 アルテリア・ネットワークス
(4423)
12/11 ピアラ
(7044)
12/11 アルー
(7043)
11/28 霞ヶ関キャピタル
(3498)
11/6 アクセスグループ・ホールディングス
(7042)
1,340円

2018年11月・12月のIPO投資

アルー(7043)、ツクイスタッフ(7045)、アルテリア・ネットワークス(4423)、ソフトバンク(9434)は、マネックス証券、SBI証券、SMBC日興證券の3社で対応しています。投資資金を分散してIPOに申し込みたいです。

12月12日のアルテリア・ネットワークス、12月17日のツクイスタッフ、12月19日のKudan、12月20日のAmazia、12月21日のEduLabはSMBC日興証券が、12月11日のピアラはSBI証券が、それぞれ幹事証券になっています。通常より当選確率が高くなるので、申し込んでおきたいです。

また、グッドライフカンパニー(2970)は、SBI証券で申し込みが可能です。チャレンジポイントを活用して、当選確率を高めておきたいです。

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 株式投資を始めたばかりの投資家は、取引回数が少ないです。しかし、経験を積むごとに回数が徐々に増…

ページ上部へ戻る