複数年の譲渡損失の繰り越し

不況・不景気が長期間続くと、株式投資の成績も長く低迷する可能性があります。しかし、年間成績のマイナスが続いても、過去3年分であれば将来の利益と相殺(そうさい)することができます。

前年(2年前)に譲渡損失の繰り越しを行ったのであれば、今回も続けましょう。

ここでは「特定口座(源泉徴収あり)」の投資家が、複数年の譲渡損失を繰り越す場合の手続きを紹介します。

株の確定申告の手続き

1、株の申告のために用意するもの

所得税の確定申告書B(第一表・第二表・第三表)
特定口座年間取引報告書

証券会社で「特定口座」を選択していれば、毎年1月中旬~2月上旬(各証券会社によって異なります)に前年の「収入金額」「取得費及び譲渡に要した費用等」「差引金額」 「所得金額」等が記載された特定口座年間取引報告書が証券会社から届きます。

株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書(1面・2面)

株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書1面
株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書2面

所得税の確定申告書付表(1面・2面)

所得税の確定申告書付表1面
所得税の確定申告書付表2面

これらの書類は税務署でもらえます(当管理人の場合はこれらが1枚につながっていました)。プリンタをお持ちであれば、国税庁のサイトからでも可能です(リンクをクリックしてください)。

前年の(2年前の)株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書

複数年の譲渡損失を繰り越す場合、前回の確定申告の際に提出した「株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書」の控え(下書き)があると便利です。もし、なくしてしまった場合は、損失の金額を証券会社のサイト等で調べてください。

前年の(2年前の)所得税の確定申告書付表

「株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書」と同じく、「所得税の確定申告書付表」も用意してください。

2、年間取引報告書の数字を計算明細書へ記入する。

例えば、以下のような特定口座年間取引報告書があれば、計算明細書へこのように記入します。※前記「譲渡損失の繰り越し」と金額は同じです。

特定口座年間取引報告書サンプル

・譲渡の対価の額(収入金額)・・・20万円
・取得費及び譲渡に要した費用の額等・・・30万円
・差引金額・・・-10万円
・所得金額・・・0円

株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書の記入例(1面)

株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書記入例(1面)

特定口座年間取引報告書→株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書

・譲渡の対価の額(収入金額)・・・譲渡による収入金額、小計(1+2)
・取得費及び譲渡に要した費用の額等・・・取得費(取得価額)、小計(4から6までの計)
・差引金額・・・差引金額(3-7-8)※赤字の場合は△を入れる。

取引報告書と計算明細書で用語が異なるときは、数字をうまく対応させてください。

3、計算明細書の数字を確定申告書付表へ転記する

所得税の確定申告書付表記入例(1面)

所得税の確定申告書付表記入例(1面)

計算明細書の「所得金額」の金額を確定申告書付表の「①上場株式等に係る譲渡所得等の金額」「②上場株式等に係る譲渡損失の金額」「③本年分の損益通算前の上場株式等に係る譲渡損失の金額」「⑤本年分の損益通算後の上場株式等に係る譲渡損失の金額」のそれぞれに転記します。

譲渡損失の金額ですので、マイナスを表す「△」を付けずに、全て「100,000」と記入します。

4、前年(2年前の)確定申告書付表(株式等に係る譲渡損失等の金額の計算明細書)の数字を本年の確定申告書付表へ転記する

たとえば、2年前の譲渡損失が「50万円」、1年前の譲渡損失が「100万円」とすると、確定申告書付表の2面は以下のようになります。

サンプル

・2年前・・・繰り越した損失額50万円
・1年前・・・繰り越した損失額100万円

所得税の確定申告書付表記入例(2面)

所得税の確定申告書付表記入例(2面)

2年前の譲渡損失「50万円」は、「本年の2年前分」のところへ記入します。本年が黒字ではありませんので、「F(上場株式等に係る譲渡所得等の金額から差し引く部分)」の金額は「0円」です。50万円-0円=50万円ですから、「7」番も50万円となります。

1年前の譲渡損失「100万円」は、下の行「本年の前年分」のところへ記入します。本年が黒字ではありませんので、「H (上場株式等に係る譲渡所得等の金額から差し引く部分)」の金額は「0円」です。100万円-0円=100万円ですから、「8」番も100万円となります。

2年前と1年前の項目を書き終えたら、2年前の譲渡損失「50万円」と1年前の譲渡損失「100万円」、本年の譲渡損失「10万円」を全て足します。50万円+100万円+10万円=160万円ですから、「翌年以後に繰り越される上場株式等に係る譲渡損失の金額(5+7+8)」に160万円を記入します。

4、計算明細書及び確定申告書付表の金額を申告書第三表へ転記。

所得税の確定申告書第三表記入例(左側)

所得税の確定申告書第三表記入例(左列)

所得税の確定申告書第三表記入例(右側)

所得税の確定申告書第三表記入例(右列)

最後に、計算明細書及び確定申告書付表の金額を、申告書第三表へそれぞれ転記します。あとは申告書第一表・第二表を完成させて提出してください。

ネット証券キャンペーン情報

個人型確定拠出年金(イデコ)で節税&積み立て。SBI証券楽天証券マネックス証券が人気です。

新規口座開設でもらえる特典・プレゼント・キャンペーン・・まだ間に合うキャンペーン情報。新規口座開設で現金やポイントなどをプレゼント。

SBI証券・・・お得なキャンペーン開催中。オンライントレード口座開設数No.1、トレーディングツール「HYPER SBI」

ライブスター証券・・株式(現物・信用)、日経225先物・mini、オプション取引の手数料無料[0円]キャンペーン開催中!

マネックス証券・・・新規口座開設キャンペーン。手数料キャッシュバック!

楽天証券・・・取引ツール「マーケットスピード」が人気。キャンペーン開催中。楽天ポイントをプレゼント。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 株式投資を始めたばかりの投資家は、取引回数が少ないです。しかし、経験を積むごとに回数が徐々に増…

ページ上部へ戻る