配当控除で税金を取り戻す方法

この項目では、課税所得が330万円以下の方が配当控除によって、税金(所得税・住民税)を取り戻す方法を紹介します。

課税所得とは?

所得税の確定申告書B第一表

こちらの画像をご覧ください。前記「配当所得を申告しよう」のところで紹介したように、所得税の確定申告書B第一表では、この「26 課税される所得金額」に該当する金額が課税所得になります。

個人事業主であれば、売上から様々な経費を差し引き、さらに配偶者控除・扶養控除・社会保険控除・生命保険料控除・医療費控除・基礎控除などの様々な控除を行った後の金額となります。

この金額が695万円以下であれば、配当控除の手続きを行うことによって、税金が戻る可能性があります。

特定口座の損益通算を行う前に確認しておくべきこと

1、あなたの現在の状況を把握する。

こちらは前記「譲渡損失の繰り越し」「複数の特定口座の損益通算」と同じです。仮に課税所得が695万円以下であっても、確定申告を行うことによって、扶養控除・配偶者控除・住宅ローン控除・住民税・国民健康保険税などに影響するかもしれません。

「申告するとどの項目に影響が出るのか?」を把握しておきましょう。

2、申告の手間・時間と将来戻る税金を天秤にかける。

こちらも前記「譲渡損失の繰り越し」「複数の特定口座の損益通算」と同じです。配当控除は、前記の作業よりカンタンになっています。それでも、手続きが初めての方は計算が面倒かもしれません。時間と手間がかかることが予想されますので、比較検討をおすすめします。

以上の「1」「2」を全てクリアした上で、それでも配当控除の手続きをやってみようと考えている方は、↓を読んでいただければと思います。

株の確定申告の手続き

1、株の申告のために用意するもの

配当金の支払通知書と源泉徴収表(給与所得)

私たちが株を購入して配当を受け取る場合には、すでに配当金額の20%(所得税15%、住民税5%)が差し引かれています(※他に復興特別所得税があります)。例えば、配当金の総額が10万円であれば、8万円(所得税で15,000円のマイナス、住民税で5,000円のマイナス)がもらえる計算になります。

配当金の支払通知書はそれを証明するための書類となります。郵便振替支払通知書のコピーもしくは配当金計算書(金融機関振込の場合)を用意してください。

所得税の確定申告書B(第一表・第二表)

所得税の確定申告書B第一表所得税の確定申告書B第二表

この書類は税務署でもらえます。プリンタをお持ちであれば、国税庁のサイトからでも可能です(リンクをクリックしてください)。

2、年間配当金額を計算し、確定申告書第二表へ記入する。

他の所得とともに確定申告書第二表へ収入金額及び源泉徴収税額等を記入します。今回の配当控除に記入すべき項目は「所得の内訳(所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額)」「雑所得(公的年金等以外)・総合課税の配当所得・譲渡所得、一時所得に関する事項」「住民税・事業税に関する事項」の3ヶ所です。

所得の内訳(所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額)

所得税の確定申告書B第二表

所得の種類 種目・所得の生ずる場所又は
給与などの支払者の氏名・名称
収入金額 所得税及び
復興特別所得税
の源泉徴収税額
配当 株式の配当 A社 50,000円 7,500円
配当 株式の配当 B社 40,000円 6,000円
配当 株式の配当 C社 10,000円 1,500円
44 源泉徴収税額の合計額 15,000円

※わかりやすくするため、復興特別所得税を省略します。

仮に配当所得ばかりであれば、↑のようになります。配当金の源泉徴収額は収入金額×15%となります。A社であれば「5万円×0.15=7,500円」です。

雑所得(公的年金等以外)、総合課税の配当所得・譲渡所得、一時所得に関する事項

所得税の確定申告書B第二表

所得の種類 種目・所得の
生ずる場所
収入金額 必要経費等 差引金額
配当 株式の配当 A社 50,000円 0円 50,000円
配当 株式の配当 B社 40,000円 0円 40,000円
配当 株式の配当 C社 10,000円 0円 10,000円

所得の内訳に記入した数字を元にすると、このようになります。記入欄が限られているので、複数の銘柄を保有している投資家であれば、別途「所得の内訳一覧」の書類を作成すると、この項目の記入がシンプルになります。

住民税に関する事項

所得税の確定申告書B第二表

配当割額控除額・・・5,000円

住民税の「配当割額控除額」に5%分の「5,000円」を記入します。

所得税の確定申告書B第二表

また、給与所得の方で「他の収入を知られたくない」場合は、「自分で納付」を丸で囲んでください。

3、所得税の確定申告書B(第二表)の数字を第一表へ転記する。

所得税の確定申告書B第一表

配当控除・・・20,000円

最後に、所得税の確定申告書B第二表で完成させた数字を元に、所得税分15,000円と住民税分5,000円の合計20,000円を、「配当控除 28」の項目へ記入します。

あとは、いつもどおりに所得税の確定申告書Bを完成させ、確定申告を行うと「48 還付される税金」の金額が戻ってきます(※確定申告を行う方の職業等の状況により、その金額は増減します)。

会計ソフトのシェアNo.1「弥生会計」\まずは2ヶ月無料体験/

ネット証券キャンペーン情報

個人型確定拠出年金(イデコ)で節税&積み立て。SBI証券楽天証券マネックス証券が人気です。

新規口座開設でもらえる特典・プレゼント・キャンペーン・・まだ間に合うキャンペーン情報。新規口座開設で現金・ポイントをプレゼント。

SBI証券・・・新規口座開設と取引で現金をプレゼント。オンライントレード口座開設数No.1、トレーディングツール「HYPER SBI」

ライブスター証券・・株式(現物・信用)、日経225先物・mini、オプション取引の手数料無料[0円]キャンペーン開催中!

マネックス証券・・・新規口座開設キャンペーン。手数料キャッシュバック!

楽天証券・・・手数料は業界最低水準。キャンペーン開催中。楽天ポイントをプレゼント。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

HYPER SBIの使い方 項目一覧

HYPER SBIとは? HYPER SBIとは、SBI証券が提供する高機能トレーディングツールです。投資に必要な情報収集や注文の発注…

ページ上部へ戻る