楽天証券の個人型確定拠出年金の申込書請求をしてみた

楽天証券で個人型確定拠出年金の申込書をもらいました

個人型確定拠出年金(イデコ)の反響がスゴイらしいです。楽天証券では、たくさんの申込があるようです。

そこで、管理人も個人型確定拠出年金の申込書をもらうために、楽天証券で請求してみました。

楽天証券の個人型確定拠出年金の申込書請求はこちら(無料)

個人型確定拠出年金の申込書請求ページへ移動する

楽天証券で個人型確定拠出年金の特集記事を見つけたら、申込書請求ページへ移動します。

画面右上の「確定拠出年金 申込書請求」ボタン(赤色)をクリックします。もしくは、画面中央の「iDeCo(個人型確定拠出年金) 申込書請求はこちら」のボタン(オレンジ)をクリックします。

楽天証券「個人型確定拠出年金の資料請求ページ」

個人型確定拠出年金のページで「資料・申込書請求」のボタンをクリックします。

楽天証券「個人型確定拠出年金の資料請求ページ」

職業選択の画面です。個人型確定拠出年金は、該当する職業によって、毎月の掛け金の上限や手続きの方法が異なります。管理人は自営業なので、「第1号被保険者(自営業・無職・学生など)」に該当します。

「第1号被保険者(自営業・無職・学生など)」の「次へ」をクリックします。

楽天証券「個人型確定拠出年金の資料請求ページ」

楽天証券では、証券口座を保有する投資家と保有していない投資家の2種類のページを用意しています。管理人は楽天証券の口座を持っているので、口座開設者専用のページへ移動します。

証券口座を持っていると手続きが早くなるので、持っていない方は、先に口座を開設した方が良いかもしれません。

楽天証券の口座開設はこちら(無料)

管理人は、「総合口座にログインして申込書請求にすすむ」をクリックしました。

楽天証券「個人型確定拠出年金の資料請求ページ」

楽天証券のログインページです。楽天証券の「ログインID」「パスワード」を入力して、「ログイン」ボタンをクリックします。

楽天証券「個人型確定拠出年金の資料請求ページ」

加入者情報入力

個人型確定拠出年金の申込書請求は、3つのステップで完了します。まず、加入者情報の入力です。請求先の住所や名前等の基本情報を入力します。

楽天証券の口座を持っている投資家は、すでに入力済みになっている項目が多いです。残りの空欄を入力または選択し、間違いがないかを確認します。

楽天証券「個人型確定拠出年金の資料請求ページ」

入力が終われば、「年金情報入力へ」ボタンをクリックします。

楽天証券「個人型確定拠出年金の資料請求ページ」

年金情報入力

次に、国民年金等の年金情報を入力します。個人型確定拠出年金の申込書に記入する手間を省くため、申込書請求の段階で入力するようです。

もし、年金番号など、申込書請求の時点で不明な項目がいくつかある場合は、「後から入力」を選択すると良いでしょう。

楽天証券「個人型確定拠出年金の資料請求ページ」

全ての入力が完了したら、「入力内容を確認する」をクリックします。

楽天証券「個人型確定拠出年金の資料請求ページ」

最後は、「確認ページ」で入力情報の確認です。先ほど入力した「加入者情報」と「年金情報」をもう一度確認します。

楽天証券「個人型確定拠出年金の資料請求ページ」

入力した情報が正しければ、「申込む」ボタンをクリックします。

楽天証券「個人型確定拠出年金の資料請求ページ」

申込受付完了

申込書請求の申込が完了しました。後日、個人型確定拠出年金の詳細な資料と申込書が届きます。

楽天証券「個人型確定拠出年金の資料請求ページ」

資料・申込書の内容を確認後、個人型確定拠出年金の手続きを行います。

楽天証券の個人型確定拠出年金の申込書請求はこちら(無料)

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

HYPER SBIの使い方 項目一覧

HYPER SBIとは? HYPER SBIとは、SBI証券が提供する高機能トレーディングツールです。投資に必要な情報収集や注文の発注…

ページ上部へ戻る