SBI証券と楽天証券が個人型確定拠出年金(イデコ)の手数料を無料に!

2017年5月18日、SBI証券と楽天証券が、個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)の手数料をいつでも無料にすると発表しました。

SBI証券の個人型確定拠出年金のお知らせ

SBI証券は個人型確定拠出年金の手数料が無料です

SBI証券の個人型確定拠出年金の資料請求はこちら(無料)

2017/5/19(金)より、SBI証券のiDeCoは、新料金体系に生まれ変わります。運営管理機関としての当社が受け取る手数料に関して、加入時・移換時の口座開設手数料に加えて、口座管理手数料も残高に関わらずどなたでも無料とさせていただきます。

これから口座開設される方はもちろん、すでに当社のiDeCoをご利用いただいているお客さまにとっても嬉しい「当社への手数料0円」にてサービス提供させて頂きます!

楽天証券の個人型確定拠出年金のお知らせ

楽天証券は個人型確定拠出年金の手数料が無料です

楽天証券の個人型確定拠出年金の資料請求はこちら(無料)

本日(5月18日)から、すでにご加入いただいている方を含め、個人型確定拠出年金の運営管理手数料が0円になります。

確定拠出年金の残高もしくは拠出額累計が10万円以上という無料条件がなくなり、すべてのお客様が対象になります。

個人型確定拠出年金にかかる費用について

個人型確定拠出年金にかかる費用は、(1)加入時の手数料(口座開設手数料)と(2)口座管理手数料の2種類があります。

今回の発表によって手数料が無料になる部分は、以下の金額です。

(1)加入時の手数料

・国民年金基金連合会・・・2,777円(税込)
・運営管理機関の手数料・・・SBI証券と楽天証券はこの手数料が無料になる!

個人型確定拠出年金を始める時に、国民年金基金連合会と運営管理機関に手数料を支払います。口座開設時の1回のみです。

SBI証券と楽天証券で個人型確定拠出年金を始めると、運営管理機関(金融機関)に支払う手数料が無料になります。そのため、2,777円の費用で済みます。

(2)口座管理手数料

・国民年金基金連合会・・・月103円(税込)
・運営管理機関の手数料・・・SBI証券と楽天証券はこの手数料が無料になる!
・事務委託先金融機関(信託銀行)・・・月64円(税込)

次に口座管理手数料です。こちらは、国民年金基金連合会・運営管理機関・信託銀行の3ヶ所に手数料を支払います。

SBI証券と楽天証券で個人型確定拠出年金を始めると、運営管理機関(金融機関)に支払う手数料が無料になります。そのため、月167円(年2,004円)で済みます。

SBI証券と楽天証券でイデコを始めたときの費用はいくら?

・1年目・・・加入時の手数料2,777円+口座管理手数料2,004円=4,781円
・2年目・・・口座管理手数料2,004円(167円×12ヶ月)

以上より、個人型確定拠出年金の費用は、1年目が4,781円、2年目以降が2,004円の手数料となります。

SBI証券の過去のキャンペーンとの違いについて

SBI証券では、過去に個人型確定拠出年金のキャンペーンを行っていました。そのキャンペーンとの違いは以下の通りです。

(変更前)

加入時の手数料

・口座開設手数料・・・1,080円(キャンペーンで無料になる!)

口座管理手数料

・残高50万円以上・・・0円

・残高50万円未満・・・324円(キャンペーンで無料になる!)

(変更後)

加入時の手数料

・口座開設手数料・・・0円(いつでも無料になる!)

口座管理手数料

・残高50万円以上・・・0円

・残高50万円未満・・・0円(資産残高に関係なく無料になる!)

SBI証券では、キャンペーン対応で手数料を無料にしていました。今回の変更により、キャンペーンがなくても無料になりました。

個人型確定拠出年金の月額の積立額には上限があるため、職業によって、(短期間で)残高が50万円に届かない方がいます。この変更によって、誰でも手数料無料で個人型確定拠出年金を始められるようになります。

SBI証券の個人型確定拠出年金の資料請求はこちら(無料)

楽天証券の過去の手数料との違いについて

楽天証券は、以前、個人型確定拠出年金の手数料が必要でした。変更前と変更後の手数料の違いは以下の通りです。

(変更前)

加入時の手数料

・口座開設手数料・・・0円

口座管理手数料

・残高10万円以上・・・0円

・残高10万円未満・・・226円

(変更後)

加入時の手数料

・口座開設手数料・・・0円

口座管理手数料

・残高10万円以上・・・0円

・残高10万円未満・・・0円(資産残高に関係なく無料になる!)

楽天証券では、資産残高が10万円未満の場合、口座管理手数料が月額226円必要でした。今回の変更により、個人型確定拠出年金の資産残高が10万円未満の場合でも、手数料が無料になります。

楽天証券の個人型確定拠出年金の資料請求はこちら(無料)

まとめ

個人型確定拠出年金では、SBI証券と楽天証券のサービスが充実しています。ところが、個人型確定拠出年金の口座は1つしか持てません。どちらにしようか悩むところです。

とりあえず両方の資料を請求して、内容を比較してみてはいかがでしょうか。

SBI証券の個人型確定拠出年金の資料請求はこちら(無料)

楽天証券の個人型確定拠出年金の資料請求はこちら(無料)

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

HYPER SBIの使い方 項目一覧

HYPER SBIとは? HYPER SBIとは、SBI証券が提供する高機能トレーディングツールです。投資に必要な情報収集や注文の発注…

ページ上部へ戻る