NEWチャート(4)

SBI証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

お気に入りのテクニカル指標をチャートに反映させる

HYPER SBIで、ある銘柄の詳しいテクニカル分析(チャート分析)を始めたいときは「NEWチャート」画面を使います。

様々なテクニカル指標を使った分析、他の銘柄や指標との比較、複数のチャート画面の表示など、HYPER SBIならではの機能がたくさん付いています。

NEWチャート画面の使い方をマスターして、テクニカル分析をもっと活用しましょう。

NEWチャート画面を表示する

チャート画面から表示させる

一度、チャート画面を出してから、NEWチャート画面を表示させます。

まず、HYPER SBIのツールバーから「チャート」ボタンをクリックします。

HYPER SBI「NEWチャート」

次に、チャート画面が出てきたら、「NEWチャート」をクリックします。

HYPER SBI「NEWチャート」

「NEWチャート」画面が表示されました。先にチャート画面を出しているので、チャート画面と同じ銘柄のNEWチャート画面が表示されます。

HYPER SBI「NEWチャート」

NEWチャートにテクニカル指標を追加する

HYPER SBIのNEWチャート画面では、初期設定で株価のローソク足と出来高の棒グラフが表示されています。

もっと質の高いテクニカル分析を行いたい時は、チャート右側の一覧リストから、描画したい(チャートに反映させたい)テクニカル指標を追加します。

例えば、下の写真のように、「MACD(マックディー)」という指標を追加してみます。「トレンド指標」の「+」をクリックして項目を表示させて、「MACD」をダブルクリックしてください。

HYPER SBI「NEWチャート」

チャートにテクニカル指標が追加されました。

HYPER SBI「NEWチャート」

もし、消去する場合は、右上の「×」マークをクリックしてください。

HYPER SBI「NEWチャート」

初期設定のローソク足や出来高も消去することができます。

ローソク足チャートを元に戻すときは「価格指標」→「株価」、出来高を元に戻すときは「出来高指標」→「出来高」と進めてください。

レイアウトを保存する

HYPER SBIでお気に入りのNEWチャートを作ったら、今度はテクニカル指標を保存しておきましょう。テクニカル指標の項目の上に「フロッピーディスク」のマークがあります。こちらをクリックしてください。

HYPER SBI「NEWチャート」

「ユーザ保存」の設定画面がポップアップ表示されました。覚えやすい名前を付けて「保存」ボタンをクリックします。ここでは、すぐにわかるように「macd」と記入しました。

HYPER SBI「NEWチャート」

保存が完了したら、画面を閉じて、NEWチャート右側の「ユーザ保存」をクリックしてください。メニューに「macd」が載っています。

今後、チャート分析をする際に「macd」を選択すると、NEWチャートに「MACD」が追加された画面が表示されます。

HYPER SBI「NEWチャート」

チャート分析に慣れると、もっと指標を増やしたくなります。NEWチャート画面を見るたびに、テクニカル指標を追加するのは面倒ですから、レイアウトを保存することをおすすめします。

NEWチャート表示できる指標

最後に、NEWチャートに表示できる指標一覧を紹介します。

価格指標

エンベロープ・一目均衡表・ボリンジャーバンド・パラボリック・ピボット

期間有用性指標

DPO・サイコロジカルライン

テクニカル指標

単純移動平均・指数移動平均・加重移動平均・MACD・MACDオシレータ

モメンタム指標

AB Ratio・A/D・ADX・乖離度・CCI・DMI・MI・モメンタム・OSCP・ROC・RSI・RCI・ストキャスティック(ファースト・スロー)・ソナー・ウィリアムズ%R

変動制指標

ATR・標準偏差・VHF

出来高指標

出来高移動平均・EMV・NFI・NVI・OBV・OSCV・PVI・PVT・ボリュームレシオ・VROC

NEWチャート追加項目

・ボリンジャーバンドの2本以上表示

・300日移動平均線の表示

・RCI追加

・価格帯別出来高チャートにテクニカル指標を同時に描画

・テクニカル指標の太さ変更・スタイル変更

・マウスホイールスクロールによる、チャートの拡大/縮小

・チャート画面の境界線の位置変更

・分析線の個別削除

・分析線の指標エリアへの描画

・分析線の線の色変更

・分析線の線太さ(サイズ)変更

HYPER SBI一覧に戻る

SBI証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 株式投資を始めたばかりの投資家は、取引回数が少ないです。しかし、経験を積むごとに回数が徐々に増…

ページ上部へ戻る