NEWチャート(3)

SBI証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

過去の履歴や登録銘柄からチャートをすばやく表示させる

HYPER SBIで、ある銘柄の詳しいテクニカル分析(チャート分析)を始めたいときは「NEWチャート」画面を使います。

様々なテクニカル指標を使った分析、他の銘柄や指標との比較、複数のチャート画面の表示など、HYPER SBIならではの機能がたくさん付いています。

NEWチャート画面の使い方をマスターして、テクニカル分析をもっと活用しましょう。

NEWチャート画面を表示する

チャート画面から表示させる

一度、チャート画面を出してから、NEWチャート画面を表示させます。

まず、HYPER SBIのツールバーから「チャート」ボタンをクリックします。

HYPER SBI「NEWチャート」

次に、チャート画面が出てきたら、「NEWチャート」をクリックします。

HYPER SBI「NEWチャート」

「NEWチャート」画面が表示されました。先にチャート画面を出しているので、チャート画面と同じ銘柄のNEWチャート画面が表示されます。

HYPER SBI「NEWチャート」

登録銘柄などからチャートを指定

HYPER SBIのNEWチャート画面でチャートを表示させる場合、過去の履歴や登録銘柄などからでも、チャートを探すことができます。

例えば、過去に様々なNEWチャートを表示させていた場合、入力欄の「▼」をクリックすれば、過去の履歴が表示されます。

HYPER SBI「NEWチャート」

一覧表示された履歴から、表示させたいチャートを指定します。

HYPER SBI「NEWチャート」

ここではトヨタ自動車(7203)を選びました。

HYPER SBI「NEWチャート」

次に、「登録銘柄」からチャートを探してみましょう。先ほどの入力欄の下にある「銘柄参照履歴」をクリックしてください。

HYPER SBI「NEWチャート」

登録銘柄はもちろんのこと、投資先企業である「現物保有銘柄」や、その日の「値上がり率」「値下がり率」等のランキングから探すことができます。

HYPER SBI「NEWチャート」

ここでは、登録銘柄の中から、「フォルダの鉄道株」→「東武鉄道(9001)」と進みました(※過去に鉄道株フォルダを作成しています)。

HYPER SBI「NEWチャート」

NEWチャートの表示期間・範囲を指定

チャートの期間・範囲を指定します。下のチャート期間・範囲は「日足」の「6ヶ月」となっています。これを変更します。

HYPER SBI「NEWチャート」

まず「日足」をクリックして、日足以外の長さのチャートを選びます。(ローソク足1本あたりの)範囲を短くするなら、「ティック足」「1分足」「3分足」「5分足」「15分足」「1時間足」の中から選んでください。

範囲を長くするなら、「週足」「月足」「四半期足」を選びます。

次にローソク足を表示させる期間を指定します。例えば、日足であれば「1ヶ月」「2ヶ月」「3ヶ月」「6ヶ月」「1年」「2年」などから選びます。

日足(6ヶ月)

HYPER SBI「NEWチャート」

ローソク足ごとに、NEWチャートを比べてみました。↑がSBIホールディングスの日足、↓が週足と月足です。それぞれチャートの形が異なることがわかります。

週足(1年)

HYPER SBI「NEWチャート」

月足(3年)

HYPER SBI「NEWチャート」

HYPER SBI一覧に戻る

SBI証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

HYPER SBIの使い方 項目一覧

HYPER SBIとは? HYPER SBIとは、SBI証券が提供する高機能トレーディングツールです。投資に必要な情報収集や注文の発注…

ページ上部へ戻る