チャート(6)

SBI証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

チャート画面をもっと活用しよう!

HYPER SBIで、ある銘柄のテクニカル分析(チャート分析)を始めたいときは「チャート」画面を使います。

様々なテクニカル指標を使った分析、他の銘柄や指標との比較、チャートの選択やレイアウトのカスタマイズなど、HYPER SBIならではの機能がたくさん付いています。

チャート画面の使い方をマスターして、テクニカル分析をもっと活用しましょう。

HYPER SBI「チャート」

まず、HYPER SBIのツールバーから「チャート」ボタンをクリックします。下の画像のように、チャート画面が出てきたら、OKです。

HYPER SBI「チャート」

個別銘柄画面表示と取引ポップアップ

「登録銘柄画面に共通する操作」で紹介した内容と、ほぼ同じです。

「登録銘柄」画面で銘柄名(コード番号)を左クリックすると、「銘柄クリック設定」画面がポップアップ表示されます。チャート画面でも同様の操作が可能です。

HYPER SBI「チャート」

「個別銘柄」画面に移動したいときは、銘柄クリック選択で「個別銘柄」を選んで「OK」ボタンを押します。

HYPER SBI「チャート」

下の写真のように、移動します。

HYPER SBI「個別銘柄」

一方、チャートに表示された銘柄を取引したいときは、銘柄クリック選択で「取引ポップアップ」を選び、「OK」ボタンを押します。

HYPER SBI「チャート」

下の写真のように、取引ポップアップが表示されます。

HYPER SBI「取引ポップアップ」

チャートの印刷

HYPER SBIのチャート画面は、「レイアウト保存」や「分析線の保存」によって、記憶させておくことができます。また、印刷して紙として保存することも可能です。

HYPER SBI「チャート」

チャート画面右上の「印刷」ボタンをクリックしてください。「プリンタの設定」がポップアップ表示されます。接続したプリンタを選択し、「OK」ボタンを押します。その後、それぞれのプリンタの操作に従ってください。

hyc062

指標・スタイルの表示・非表示

チャート分析で使用する「指標・スタイル」は選択したあとに非表示とすることができます。チャート画面右上の「指標・スタイル≫」をクリックしてください。

HYPER SBI「チャート」

このように、「指標・スタイル」の選択画面が消え、チャート画面が拡大しました。横幅が広がった分だけ、チャートが見やすくなりました。

HYPER SBI「チャート」

元に戻したいときは、もう一度、「指標・スタイル≪」を押します。「≫」の向きが異なっているところがポイントです。

HYPER SBI一覧に戻る

SBI証券の口座開設のお申し込みはこちら(無料)

No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

HYPER SBIの使い方 項目一覧

HYPER SBIとは? HYPER SBIとは、SBI証券が提供する高機能トレーディングツールです。投資に必要な情報収集や注文の発注…

ページ上部へ戻る