GMOクリック証券の手数料と取扱商品

取引金額別売買手数料一覧表(税込)

1約定ごと手数料
取引金額 ~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円
売買手数料 95円 105円 260円 470円
取引金額 ~150万円 ~3,000万円 3,000万円超
売買手数料 570円 900円 960円
1日定額制手数料
取引金額 ~20万円 ~30万円 ~50万円 ~100万円
売買手数料 230円 300円 430円 860円
取引金額 ~200万円 ~300万円 300万円超
売買手数料 1,260円 1,660円 100万円追加で
290円加算

手数料制度の切り替え

GMOクリック証券では、1約定ごとの手数料制度と2日定額制の手数料制度を週ごとに変更することが可能です。

取引金額別信用取引手数料(税抜)

1約定ごと手数料(2018年1月4日から適用)
取引金額 ~10万円 ~20万円 ~50万円
売買手数料 89円 130円 170円
取引金額 ~500万円 500万超
売買手数料 240円 240円
1日定額制手数料(2018年1月4日から適用)
取引金額 ~10万円 ~50万円 ~100万円
売買手数料 無料 200円 400円
取引金額 ~200万円 ~300万円 300万超
(100万ごと)
売買手数料 800円 1200円 400円加算

GMOクリック証券では、取引金額が10万円以下のときに、信用取引手数料が無料になります。

取扱商品及び株式市場

株式
市場
東証1部2部
マザーズ
ジャスダック
札幌 名古屋 福岡
取扱
商品
単元未満株 投資信託 IPO
(新規公開株)
FX
売却
買取請求
CFD 米国株 中国株 その他市場
無期限
信用取引
夜間取引 立会外分売 先物
オプション
特徴

株式市場

東証1部2部・東証マザーズ・ジャスダックが取引できます。

取扱商品

現物取引・信用取引・投資信託(ETF・REIT含む)・FX・先物オプション等の金融商品を取り扱っています。

情報ツール

GMOクリック証券には、「レーザートレード」があります。

レーザートレードは、GMOクリック証券に口座を持っている投資家であれば、だれでも無料で利用できる高性能トレーディングツールです。

レーザートレードの特徴及びサンプル画面

インストール不要!ボタンひとつで簡単起動

GMOクリック証券「レーザートレード」

トレードツールをインストールすることなく、インターネットブラウザ上で利用できます。GMOクリック証券にログイン後、「レーザートレード」のボタンをクリックして始めます。

レーザー注文やリアルタイムチャート上からスピーディーに注文

GMOクリック証券「レーザートレード」

気配値・板情報画面からマウスをクリックするだけで売買注文が可能となります。また、チャート上からも新規注文が可能です。

ドラッグ&ドロップでチャートや注文ウィンドウが簡単起動

GMOクリック証券「レーザートレード」

ウォッチリスト・注文一覧・ポジション一覧・ランキングから銘柄名をドラッグし、注文もしくはレーザー注文にドロップすれば、該当銘柄のチャート等が表示されます。

提携銀行(即時入金サービス等)及び振込手数料

銀行名 楽天 ジャパン
ネット
ゆうちょ 三菱東京
UFJ
振込
手数料
○(無料) ○(無料) ○(無料) ○(無料)
銀行名 三井住友 みずほ 住信SBI りそな
振込
手数料
○(無料) ○(無料) ○(無料) ○(無料)
銀行名 イオン 埼玉りそな セブン
振込
手数料
○(無料) ○(無料) ○(無料)
※赤文字は即時入金サービスがあります。
楽天
・・・・楽天銀行「かんたん決済プラス」
ジャパンネット・・・・ジャパンネット銀行「リンク決済」
ゆうちょ・・・・ゆうちょ銀行「WEB連動振替決済サービス」
三菱東京UFJ・・・・三菱東京UFJ銀行「ネット振込EDI」
三井住友・・・・三井住友銀行「ウェブ振込サービス」
みずほ・・・・みずほ銀行「ネット振込決済サービス」
住信SBI・・・・住信SBIネット銀行「即時決済サービス」
りそな・・・りそな銀行「ネット振込サービス」
イオン・・・イオン銀行「WEB即時決済サービス」
埼玉りそな・・・埼玉りそな銀行「ネット振込サービス」
セブン・・・セブン銀行「ネット決済サービス」

GMOクリック証券は、楽天銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、住信SBIネット銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、イオン銀行、セブン銀行の各銀行と提携しているので、即時入金サービスを利用すると、振込手数料がかかりません。

また、出金は、提携銀行を問わず、手数料がかかりません。

GMOクリック証券を効率的に使うには、楽天銀行などの各銀行で口座を持つことをおすすめします。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

HYPER SBIの使い方 項目一覧

HYPER SBIとは? HYPER SBIとは、SBI証券が提供する高機能トレーディングツールです。投資に必要な情報収集や注文の発注…

ページ上部へ戻る