取引ごと手数料(現物取引)

ネット証券手数料比較(取引ごと手数料)現物取引

※2018年9月20日更新

現在、ネット証券では売買手数料が安くなるキャンペーンを行っています。

でも、キャンペーンがたくさんあるので、どれにしようか迷うかもしれません。そこで、おすすめのネット証券をまとめてみました。

※「取引ごと手数料」とは、取引1回ごとにかかる売買手数料のことです。

取引金額別売買手数料一覧表(~100万円)税抜(円)

証券会社 10万 20万 30万
50万
100万
ライブスター証券
※1
無料
立花証券
ストックハウス

※1
無料
丸三証券
※1
無料
DMM.com証券
※1
無料
岩井コスモ証券
※1
キャッシュバック
岡三オンライン証券
※1
キャッシュバック
むさし証券 75 95 175 175 320
ライブスター証券
通常
80 97 180 180 340
DMM.com証券
通常
80 97 180 180 340
GMOクリック証券 88 98 241 241 436
SBI証券 90 105 250 250 487
カブドットコム証券 90 180 250 250 990
岡三オンライン証券 99 200 350 350 600
マネックス証券 100 180 250 450 1,000
1,500
SMBC日興証券 125 180 250 400 800
楽天証券 139 185 341 341 609
内藤証券 167 381 381 381 686
丸三証券
通常
200 200 300 500 1,000
岩井コスモ証券
通常
1,000 1,000 1,000 1,000 1,000

※1 ライブスター証券は2ヶ月間(最大40営業日)手数料無料。 2018年9月30日まで。
立花証券ストックハウスは取引ツールおよび立花トレード株アプリ経由の注文が3ヶ月間(60営業日)手数料無料。2018年9月28日まで。
丸三証券は口座開設後2ヶ月間手数料無料。
DMM.com証券は口座開設完了すると3ヶ月間手数料無料。
岩井コスモ証券は新規口座開設月を含む最大2ヶ月間キャッシュバック。2018年9月28日まで。
岡三オンライン証券は新規口座開設月を含む最大3ヶ月間全額キャッシュバック。2018年12月28日まで。

※手数料は、1回ごとの取引金額による売買手数料となります。 ピンク⇒青⇒緑の順番に手数料が高くなっています。

※成・・・成行(なりゆき)、指・・・指値(さしね)

取引金額別売買手数料一覧表(100万円超)税抜(円)

証券会社 200万 300万 500万 1,000万
ライブスター証券
※1
無料
立花証券
ストックハウス

※1
無料
丸三証券
※1
無料
DMM.com証券
※1
無料
岩井コスモ証券
※1
キャッシュバック
岡三オンライン証券
※1
キャッシュバック
むさし証券 440 440 750 1,760
ライブスター証券
通常
600 600 800 800
DMM.com証券
通常
600 600 800 800
GMOクリック証券 834 834 834 834
SBI証券 921 921 921 921
岩井コスモ証券
通常
1,000 1,000 1,000 1,500
楽天証券 1,152 1,152 1,152 1,152
内藤証券 1,286 1,286 1,286 1,286
岡三オンライン証券 1,500 1,500 1,800 2,400
SMBC日興証券 1,500 2,000 3,000 4,500
カブドットコム証券 1,890 2,790 3,690 3,690
丸三証券
通常
2,000 3,000 5,000 5,000
マネックス証券 2,000 3,000 5,000 10,000
3,000 4,500 7,500 15,000

※1 ライブスター証券は2ヶ月間(最大40営業日)手数料無料。 2018年9月30日まで。
立花証券ストックハウスは取引ツールおよび立花トレード株アプリ経由の注文が3ヶ月間(60営業日)手数料無料。2018年9月28日まで。
丸三証券は口座開設後2ヶ月間手数料無料。
DMM.com証券は口座開設完了すると3ヶ月間手数料無料。
岩井コスモ証券は新規口座開設月を含む最大2ヶ月間キャッシュバック。2018年9月28日まで。
岡三オンライン証券は新規口座開設月を含む最大3ヶ月間全額キャッシュバック。2018年12月28日まで。

※手数料は、1回ごとの取引金額による売買手数料となります。 ピンク⇒青⇒緑の順番に手数料が高くなっています。

※成・・・成行(なりゆき)、指・・・指値(さしね)

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

SBI証券の売買手数料プラン

スタンダードプランとアクティブプランのどちらがトクか?

SBI証券の手数料プランをもう一度確認する 株式投資を始めたばかりの投資家は、取引回数が少ないです。しかし、経験を積むごとに回数が徐々に増…

ページ上部へ戻る