Zaif(ザイフ)の口座開設について

Zaif(ザイフ)で仮想通貨取引をはじめよう!

Zaif(ザイフ)の口座開設について

Zaif(ザイフ)の口座開設はこちら(無料)

初めての仮想通貨取引でZaif(ザイフ)を選ぶメリットとは?

最近、連日のようにビットコインの価格についてニュースが出るようになりました。2016年に5万円、2017年1月に10万ちょっとだった価格が200万円を超える急騰を続けています。

以前、アメリカの運用会社が顧客から預かった資金の一部を仮想通貨に振り向けると報道されました。日本の投資家の中からもビットコイン長者が生まれています。儲けすぎて税金が心配だ、とうれしい悩みになる人もいるようです。

日本で仮想通貨を取引するには、専門の取引所を通じて行います。その中でも、初心者に優しい取引所としてZaif(ザイフ)を選ぶ人が増加中です。ザイフで始めるメリットは次の通りです。

簡単3ステップでビットコインが買える!

すぐに仮想通貨を取引したい方は、1.メールアドレスの入力、2.返信メールのURLにアクセス、3.基本情報登録の3ステップで始めることができます。

クレジットカードで仮想通貨が買える!

クレジットカードを持っている方なら、ビットコインをすぐに買うことができます。日本国内発行のVISAカード・MASTERカードに対応しています。

購入金額を設定すると、自動的に購入量が入力されるので、「1万円」や「2万円」など、日本円の金額指定で買うことができます。

コイン積み立てで長期運用

じっくり長期で運用したい方はこちら。毎月一定額を銀行から自動引き落としでコインを購入してくれるサービスです。

短期的な価格変動に惑わされず、長期的に資産を運用したい方に向いています。

仮想通貨取引を始めるときの資金は、どのくらいかかるの?

取引に必要な資金は、(1)仮想通貨を買う資金(2)取引所に支払う手数料の2種類があります。仮に、有名なビットコインを買ったときのサンプルを見てみましょう。

(1)仮想通貨を買う資金

・1ビットコインの値段・・・200万円
・数量・・・10万円分
・合計・・・10万円(200万円×0.05ビットコイン)

1ビットコインの値段が80万円だとすると、10万円分を購入するときは「0.05ビットコイン」と小数点以下の単位になります。

取引所での注文方法はかなり簡略化されているので、数量と対応する金額が瞬時に画面表示されます。「0.05」と入力しなくても、すばやく注文することが可能です。

(2)取引所に支払う手数料

・maker手数料(板に注文を並べる際の手数料)・・・-0.05%
・taker手数料(並んだ注文を消費する際の手数料)・・・-0.01%

次に、取引所に支払う手数料です。取引所でビットコインを買うときは、逆に手数料がもらえます。例えば、下の気配値をご覧ください。

ビットコイン気配値

maker手数料は、上の赤い枠に注文を並べた場合の手数料です。少しでも安く買いたい方は、買い注文を入れて成立するまで待ちます。

taker手数料は、青い枠の売り注文に自分の買い注文をぶつけた場合の手数料です。どちらの場合でも購入金額に対して一定額の手数料がもらえます。

新規でビットコインを買ったときの費用はいくらになるの?

・ビットコインの投資資金・・・10万円
・手数料・・・逆にもらえる
・合計・・・10万円-手数料

ザイフでビットコインを10万円購入したときの費用は、10万円弱となります。多くの投資家は、初めての入金で5万円から10万円を口座に振り込むようです。

口座開設すると、すぐに買わないといけないのでしょうか?

仮想通貨(ビットコイン)が上がっているときに始めると、「買った後で値段がさがるかもしれない」と不安になると思います。また、「もう少し下がってから買いたい」と思うかもしれません。

たぶん、それが正解でしょう。現在、ビットコインは右肩上がりの成長を続けていて、大きく値下がりしたときに買った投資家は含み益を増やし続けています。

急いで買わなくても、とりあえず口座に資金を用意しておき、絶好のタイミングがやってくるまで待つことも可能です。

仮想通貨の取引所は年中無休ですから、いつでも始められます。まずは気軽に口座を用意してみてはいかがでしょうか。

Zaif(ザイフ)の口座開設はこちら(無料)

おすすめ記事

ピックアップ記事

HYPER SBIの使い方 項目一覧

HYPER SBIとは? HYPER SBIとは、SBI証券が提供する高機能トレーディングツールです。投資に必要な情報収集や注文の発注…

ページ上部へ戻る